韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ58話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ58話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

ニセ紅茶を売っているお店を発見したクロエ。

客を装ってお店を訪ね、いよいよ店主との話し合いです。

ニセ紅茶販売事件の結末

濁った水を出して、紅茶とは元来このような色だと言い切る店主。

クロエは、自分の知っている紅茶ではないこと、一度淹れて飲んだが飲んだ瞬間に口や喉がしびれたことを伝えます。

 

クロエの怒りが、ふつふつと伝わってきます。

 

そして、前回購入した茶葉を出して、茶葉が均等ではないこと、幹のようなものが混じっていることを指摘しながら、茶葉以外の何かが入っているようだと伝えるのでした。

 

焦る店主は声を荒げますが、騎士団によって制されます。

店主はそこで、クロエがバーデンベルグ家の公爵夫人だということを知るのでした。

 

クロエは侍女たちにお茶を淹れる準備を指示します。

本物の紅茶を淹れて、ニセ物とならべ、これでの言い逃れができるのかと問うクロエ。

 

さらに、ニセ物のティーポットを開けて、ヨジンの調査結果を元にニセ物の招待を暴きます。

 

茶葉の正体まで暴かれるともうどうにもできませんよね。

店主は、クロエに許しを請います。

 

そんな店主にクロエは、罪を下すのは判事であると、人をだまし、健康を害し、貴族を侮蔑した罰を受けることになるであろうと言い残し、その場を去るのでした。

クロエが事前に呼んでいた治安隊により、ニセ紅茶事件は幕を閉じました

 

治安隊に連れていかれた店主の処罰は、早い速度で決定されたようです。

 

バーデンベルグ家別荘での秋休暇

秋を迎え、アルフォンスはクロエに休暇を取るように話していました。

仕事ばかりしているクロエをアルフォンスは心配しているのです。

 

クロエは、秋は休暇を取るのに適していないと避けようとしますが、すかさずアルフォンスが秋の旅行に良いスポットを知っていると勧めます。

それは、バーデンベルグ家の別荘のことでした。

 

結局、アルフォンスと一緒に休暇を取ることになったクロエは、休暇の間の引継ぎを行い、休暇のための準備をしようとしますが、アルフォンスが休暇中のことは全て任せるように言います。

今回の休暇は、クロエをしっかりと休ませたいようです。

 

いざ出発をして、2日かけて到着した別荘には、バラが咲き乱れていました。

その風景にクロエは感動します。

 

別荘を管理しているウィルキンスに案内をしてもらい、バルコニーに行くとそこには絶景が広がっていました。

さっそく、休暇初めてのティータイムです。

 

別荘で、絶景の中、夫婦でティータイムは憧れますね!

公爵夫人の50のお茶レシピ58話の読んだ感想!

ニセ紅茶の店主を裁く際にも、計算しつくした行動をとるクロエにあっぱれでした。

愛するお茶を汚し、人々をだます者には容赦がないですね。

別荘での秋休暇、クロエとアルフォンスの心の距離がどう縮まるか、そして、二人の契約にどう影響するかが楽しみです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』58話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」59話はこちら

おすすめの記事