公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

 

クロエはアルフォンスに誘われて演劇鑑賞をすることに。

でも、アルフォンスが興味がないことは一目瞭然でした。

 

ところが、観劇中にいきなりキスをしてきたアルフォンス。

クロエは慌てますが、プライベートシートだから誰にも見られることはない、と言うのでした。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

公爵夫人の50のお茶レシピ38話の見どころ・考察予想

劇場を後にした二人はカフェに入ろうとしますが、その店は女性の入店お断り、と言われます。

女性蔑視ともとれる発言をする店員に、キレたアルフォンスは店主を呼べ!と言うのでした。

そして夕食をとるために予約したレストランに行くと、偶然女性連れのアーサーに出くわします。

同席することになり、4人で温料理を楽しむことに。

料理は美味しいのですが、何かが足りない・・・と思うクロエ。

思いついたのは・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ38話のネタバレ込みあらすじ

誰にも見られない、そのためのプライベートシートだから、とアルフォンスは言いますが、クロエは戸惑っていました。

そんなクロエに今度は耳にキスをするアルフォンス。

劇に集中するって約束したじゃないですか!と真っ赤になって怒るクロエをアルフォンスは可愛いなぁ、と思っています。

集中していると言ってクロエの耳を触ったアルフォンスは、楽しかったですと満足気なのでした。

女性入店不可にキレるアルフォンス

劇場を出るとアルフォンスがクロエに楽しかったかと聞きました。

心の中では、それどころじゃなかったと思うクロエですが、楽しかったと答えます。

喉が渇いたし少し休みたいと思っていたところに、カフェを見つけたのでアルフォンスを誘い店に向かいました。

 

二人が店内に入ろうとすると、店員が行く手を阻み、女性は入れないと言います。

コーヒーハウスは男性の社交場で、単に親睦を深めるだけでなく政治や経済について深く語り合う知識の場だと説明しました。

さらに、女性の役目は美しく磨き上げることだとまで言われ、クロエはムッとします。

 

容姿端麗で家柄も良さそうなクロエを見て、役割をよくわかっておられる奥様をお持ちでさぞかしお幸せでしょう、と・・・。

店員の言い草に、クロエ以上に腹を立てたアルフォンスは、この店を時価の3倍で買い取ると言い放ち、その場でおまえは首だと店員に紙幣を投げつけました。

 

無事カフェに入ってコーヒーを飲むクロエですが、周りの目が気になって味も分かりません。

でも、談笑している客たちを見て、女性にもこんな社交場があってもいいのに、と思うのでした。

ジャスミンティーがあれば・・・クロエの呟き

アルフォンスがレストランを予約しているから食事をして行こうと言いました。

クロエは、アルフォンスが細かな気配りができる人だと感心し、楽しみだと満面の笑顔を向けました。

 

アルフォンスが連れて行ってくれたのは温の料理を出すレストランでした

以前、クロエが何気なく言った言葉を覚えてくれたことが嬉しくて、今日の夕食は楽しいことが起こりそう、とワクワクするクロエ。

 

その時、なんとアーサーが女性連れで現れました。

奇遇だなぁ、と声をかけてくるアーサー。

やはり何かの縁でつながっていると悦に入り、一緒に食事をしようと強引に誘ってきます。

結局4人でテーブルを囲むことに。

 

運ばれてきた温料理に舌鼓を打つクロエ。

アーサーの連れの令嬢はソーントン子爵のエリーナ嬢だと紹介され、また変わったのか、とアルフォンスは呆れます。

 

食事を進めていくうちに、クロエは何かが足りない気がしてきました。

料理は美味しいのだけど脂っこさが気になります。

閃いたクロエは、ジャスミンティーが必要です!と言い出します。

 

きょとんとするアルフォンスとアーサーに、ジャスミンティーの説明をして、脂っこさを消すのにもってこいだと断言しました。

クロエの講釈はまだ続きます。

そんなクロエを、アーサーはお茶の話をしている君は瞳がキラキラ輝いている、と褒めました。

クロエの横でアルフォンスがものすごい目で睨んでいます・・・。

 

ここでもジャスミンティーが飲めたらいいのに、とクロエが残念そうにつぶやくと、アーサーがオーナーを呼んでやろうと言います。

友達だから直接話してみるといいと言われ驚くクロエ・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ38話の感想&次回39話の考察予想

カフェ店員の言うことは完全に女性蔑視ですね。

女は難しい話にはついていけないだろう。

綺麗に着飾って目の保養になってろ、ってことですものね。

 

でも、たいていの貴族の夫人は優秀じゃないと務まりません。

以前のクロエがまったく使い物にならなかったことからも明白です。

いやきっとあなたより優秀だから!と言ってやりたくなります。

 

アルフォンスはいつもやることが桁違いで驚かされますが、クロエに対する侮辱に黙っていられなかったのですね。

素敵な旦那様です。

 

中華(温)料理にはジャスミンティー!

ここでもクロエの事業拡大の芽が?

アーサーは放蕩皇子だろうと皇帝の息子ですからね。

それに遊び人だから顔も広いでしょう。

ただ、アーサー絡みのこととなるとアルフォンスは言い気分しないでしょうねぇ。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

女性入店不可と店員に言われ、頭に来たアルフォンスはこの店ごと買い取ると脅しました。

視線が気になって落ち着かないけど、店内でコーヒーを飲むクロエは、こんな場所が女性にもあったらいいのにと思います。

そして夕食に温料理を楽しんでいるうちに、脂っこさが気になり始めるクロエ。

ジャスミンティーがあれば・・・とつぶやくとオーナーを紹介するとアーサーに言われるのでした。

 

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事