外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼは原作yuin先生、漫画mini先生の作品です。

 

誕生祭の後に行われる医師の資格試験を受けることになったエリーゼ。誕生祭で皇太子の婚約を発表すると公示してあることが気になるものの、辞退を申し入れているから自分の名前が出ることはないだろうと、ひとまず試験に目を向けることにしました。

 

そんなとき、テレサ病院の前でロンに声をかけられます。もしかしてクロレンス一族だとバレてしまったのかとハラハラするエリーゼでしたが・・・。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」の27話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼの【27話】の考察予想

ゴジさん
外科医エリーゼ【27話】のネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

エリーゼに治療を受けていってくださいと言われ、診察室について行ってしまうリンデン。

自分でも不思議に思っています。

 

触診で手や首を触られて、戸惑ったり、いつもこんな風に触診をしているのかと思うとイラっとしたり・・・。

診察が終わった時、ぐったりしてしまうのでした。

 

エリーゼに説明された病名は初めて聞くもので、おまけにその原因となったことや、眩暈や無気力以外の症状まで言い当てられ、リンデンはさらに驚くことになります。

しばらくは投薬が必要なことから、皇室十字病院でも治療を受けられるようにすると言うエリーゼに、ここに通うとリンデンは言うのでした。

外科医エリーゼ【27話】ネタバレあらすじ

ロンは、実はリンデンが変装した仮の姿です。

エリーゼはまったく気づいていません。

 

じーっと見つめられ、戸惑っているエリーゼですが、何か御用が?と聞いてみました。

ない、と即答するリンデン。

 

確認したいことがあったから顔を見に来ただけだ、と言いますが、エリーゼにはさっぱりわかりません。

もう大丈夫だ、と言って立ち去ろうとします。

 

ここでエリーゼは、以前会ったときに体調がすぐれないことを思い出しました。

私が治療して差し上げます!

お待ちください!とリンデンの手をぐっと握って治療を受けてくれと言いました。

眩暈も治っていないし力が出ないのでは?私が治療して差し上げます!と満面の笑みで言われ、リンデンは診察室に足を運びます。

 

そんな気は全然なかったのに、足が勝手に向かってしまったと自分でも不思議に思うリンデン。

皇室十字病院のベン子爵でさえ、この病状を治せないのに、エリーゼがどうにかできるとは思えません。

 

まず問診から始めるエリーゼ。リンデンは質問に答えながら、ベン子爵の聞くことと似ていると思っていました。

では診察を始めます、と言ってエリーゼが触診を始めました。

 

リンデンは手をいきなり握られて驚きますが、体温と発汗量を確認するのだとエリーゼは当たり前のように答えます。

あまり長く触れているので、リンデンは他の患者にも触診をするのかと、なぜかイライラするのでした。

 

より正確に診るためと言って首を触るエリーゼ。距離が近づきリンデンは赤くなってしまいます。

いつまで触って・・・!と言いかけた時、エリーゼがはい終わりです、とカルテを整理し始めました。

 

なんだか苛立っている様子のリンデンに、エリーゼはどうしました?と頓着しないで聞くと、疲れただけだとがっくりと肩を落とすリンデン。

次々と症状を言い当てるエリーゼに驚くリンデン

すぐに診察の結果をリンデンに伝えました。2か月前に風邪を引かなかったかと聞かれ、なぜわかったのかと驚きます。

その風邪が原因で亜急性甲状腺炎になっていると説明されますが、リンデンは初めて聞く病名です。

 

甲状腺機能が低下してホルモン生成に問題が生じると、眩暈や無気力といった症状が出るのだと説明するエリーゼ。

それ以外の症状についても言及され、リンデンは驚くばかりです。

 

薬を飲めばすぐに良くなると、エリーゼはにっこり微笑みました。

3日後にまた来て薬の用量をみる必要があるし、完治までに2か月程度はかかることも告げます。

 

皇室関係者だということで、報告書を書くので皇室十字病院で治療を受けても構わないとエリーゼが言うと、リンデンは3日後に来る、と言いました。

この日から、エリーゼとリンデンの治療が始まったのですが、目の前の金髪碧眼の青年のことをエリーゼは高位貴族のロンだと思っているのでした。

外科医エリーゼ27話の感想&次回28話の考察予想

リンデンはロンに変装して何を確かめに来たのでしょう?

特に重要なことではなかったようですけど・・・。

 

以前、皇帝にエリーゼの様子を見て来いと言われたリンデンですが、患者になってしまいましたね。

距離がぐっと縮まったわけですが、エリーゼはまさか皇太子だとは思ってもいません。

 

リンデンも正体を明かすつもりはないようです。これからどんな風に関わっていくことになるのか楽しみですね。

 

しかし、このまま患者をどんどん診ていくことになると、あっという間に名医扱いされてしまうのではないかと心配です。

でも、テレサ病院はどちらかと言うと平民やそれほど裕福ではない人たちが行く病院のようなので、貴族には早々には広まらないかもしれないですね。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』27話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ここがポイント

ebookjapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
特に漫画は約21万冊を揃えており、『外科医エリーゼ』も取り扱っています。
さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!
外科医エリーゼを漫画を楽しみたい全ての方におススメです。

会員登録不要で今すぐ読める/

お得なセールを頻繁開催!

≫≫漫画『外科医エリーゼ』の28話のネタバレはこちら

おすすめの記事