外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼは原作yuin先生、漫画mini先生の作品です。

 

ランドルの脾臓摘出術を行ったのは自分だとエリーゼはベン子爵と院長の前で明言しました。

はじめは信じない二人でしたが、エリーゼの細かい説明を聞き、ひとまず納得します。すると、ベン子爵が皇室十字病院で働かないかとエリーゼに言うのでした。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」の26話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼの【26話】の考察予想

ゴジさん
外科医エリーゼ【26話】のネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

ベン子爵に皇室十字病院で働かないかと言われたエリーゼ。

早く一人前の医師として認められたいと思っていたエリーゼにとって、嬉しい提案です。

 

しかし、エリーゼはまだここでは医師資格を持っていません。

皇室十字病院は見習いを受け入れていないので、医師の資格を取らなければならないのです。

 

そのために、エリーゼは次の資格試験を受けることになります。

今年から難易度を上げた内容になると聞かされ、もしかして自分のせい?と頭をよぎるエリーゼでした。

外科医エリーゼ【26話】ネタバレあらすじ

皇室十字病院は帝国最高位の医療機関で、選び抜かれた医者だけが入れるところです。

そこで働かないかと言われ、エリーゼも驚きました。

医者の資格を持っていない!?

院長が正気か!?と声を荒げますが、ベン子爵はいたって正気だと答えます。

脾臓摘出術を執刀した医者であれば資格は十分にあるし、何よりもエリーゼの才能を間近で見てみたいのだと言いました。

どうやってこの子を受け入れるつもりだと院長が聞くと、自分が推薦するとベン子爵が言いました。

 

ここで、医者の資格を持っていないと院長から聞かされ、ベン子爵は唖然とします。

皇室十字病院は見習いの受け入れはしていないのでした。

だったら資格を取ればいい、とどこまでも前向きなベン子爵。

誕生祭のあとに資格試験があるから、それを受ければ問題ないと事も無げに言います。

 

院長はそれでもすんなり受け入れらない様子で、受験資格はどうするのかと聞いてきました。

資格試験を受けるには、研究員に認められた教授3人の推薦が必要なのです。

ベン子爵は、自分と院長、そしてグレアムが推薦すればいいと即答します。

 

ここで、今回の資格試験に皇帝陛下から皇命があったことが話題に上りました。

医師資格試験に皇命?

普段は医学研究院の活動に干渉しない皇帝が、資格試験に関してこう言ったのです。

受験資格がある見習いだけに試験を受けさせること、試験の難易度をあげること、そして決して実力のないものが合格することのないように!と。

 

院長でさえ、なぜこんな皇命を出したのかわからないのですが、ベン子爵はエリーゼであれば問題ないと楽観的に言いました。

院長は、今年は難易度が高くて合格者が生まれない可能性もあると出題者側も心配しているレベルだというのに・・とベン子爵とは逆に気分も沈むのでした。

そしてエリーゼに合格する自信はあるのかと尋ねます。

エリーゼは全力を尽くすと頭を下げました。

ベン子爵は、エリーゼがどんな成績をとってくれるのか楽しみで胸が高鳴るのでした。

 

勤務が終わって帰路についたエリーゼ。

資格試験を受けられることになって良かった、と思っていました。

今日聞いた資格試験の皇命、もしかして自分のせい?ちらっと頭をよぎりますが、そんなことより試験まであまり時間がないことが気になります。

前世の誕生祭は悲劇の始まりだった

試験は誕生祭の後。ふとエリーゼは前世の16歳の誕生祭のことを思い出しました。

リンデンとの婚約発表が行われ、幸せの絶頂にいたと思い返すエリーゼ。

でも、これが悲劇の始まりだということもわかっています。

陛下には婚約を辞退したいと申し出たことだし、顔を出す程度で済むだろうと呑気に考えているエリーゼ。

 

病院の前でエリーゼはランドルに付き添ってきたロンに会いました。

まるでエリーゼを待っていたかのように「ローゼと言ったな」と声をかけられます。

エリーゼは、皇室関係者だと言うロンが、もしかして自分がクロレンス一族だと気づいたのかとヒヤっとするのでした。

外科医エリーゼ26話の感想&次回27話の考察予想

ベン子爵はやっぱり良いキャラです。

院長と対照的で、二人の性格の違いが面白いです。

 

エリーゼにはタイムリミットがあるから、ベン子爵の提案は渡りに船というかんじです。

このままテレサ病院で見習いを続けていたら、成人までに間に合わないかもしれません。

そうなると、皇太子と婚約発表、そして結婚・・・。

 

最初は、前世の過ちは繰り返さない、と思っているだけだったエリーゼですが、今はもう一度医師として一人でも多くの患者を救いたいと強く思うようになっています。

皇后になりたくないのではなくて、医者になりたいわけですね。

 

でも皇帝はあくまでエリーゼを皇太子妃にしたいと思っています。

さて、これからエリーゼはどうやって医師としての道を開いていくのでしょう?

 

そして、目の前に現れたリンデン!今は変装してロンと名乗ってエリーゼと接しています。

この二人の関係もどう変化していくのか気になりますね。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ここがポイント

ebookjapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
特に漫画は約21万冊を揃えており、『外科医エリーゼ』も取り扱っています。
さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!
外科医エリーゼを漫画を楽しみたい全ての方におススメです。

会員登録不要で今すぐ読める/

お得なセールを頻繁開催!

≫≫漫画『外科医エリーゼ』の27話のネタバレはこちら

おすすめの記事