外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼは原作yuin先生、漫画mini先生の作品でピッコマで配信しています。

 

ランドルの手術は無事成功します。グレアムは医師であるがゆえに、エリーゼの技術や知識に対して信じられない思いを強くします。

リンデンもまた、エリーゼが医者になりたいと言ったのは、ただ婚約をしたくないだけの口実ではないと思うのでした。

 

翌日、エリーゼが行った脾臓摘出手術の報告書を受け取った皇室十字病院のベン医師は、すぐに全医師に召集をかけました。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」の23話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼの【23話】の考察予想

ゴジさん
外科医エリーゼ【23話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

脾臓摘出術は机上の空論?

エリーゼの報告書を読んだベン子爵は、執刀した医師に会いたいとテレサ病院にやってきました。

この世界ではまだこんな手術は一般的に行われていません。

この報告書に書かれていることはデタラメか空想だ、とテレサ病院の院長はまったく取り合わないのでした。

グレアムが無断欠勤?

あの手術以来、グレアムは無断欠勤をしていました。

自宅に引きこもって出てこないのです。

心配になったエリーゼは、グレアムの家に行くことにしました。

外科医エリーゼ【23話】ネタバレあらすじ

ある日、テレサ病院に皇室十字病院のベン子爵が訪れました。

こんなむさ苦しいところになんの用かね、と病院長が軽口をききます。

脾臓摘出術!?そんなの出来るわけがない・・・?

二人は旧知の仲で、ベンは帝国一立派な仕事をしている場所だとテレサ病院を評し、元気だったか?と声をかけました。

病院がパンク寸前だと言う病院長に、今も資金はクロレンス一族が支援しているのだろうと聞きます。

 

テレサ病院はエリーゼの実家であるクロレンス家が建てた病院なのです。

 

財産があるからと言ってそう簡単にやれることじゃない、と心から尊敬している病院長。

クロレンス侯爵のことをノブレスオブリージェの象徴だと褒めそやすのでした。

 

ところで、と用件を聞くと、ベン子爵は聞きたいことがあると言って身を乗り出します。

あの手術をしたのは一体誰なんだ?と目を輝かせて言いました。

 

手術とは何だ?と見当がつかない病院長に、脾臓摘出術のことを切り出します。

それでもピンと来ていない様子なので、報告書を見せました。

 

これを見ろ!と差し出された文書は、子供の落書きのような汚い字・・・。

いいから読め!と促されて内容を確認しますが、まったく信用していません。

 

どう見ても嘘じゃないか、と言い出します。

発想は良いし、そういう患者が運び込まれて来たら試してみる価値はあるが、実際にこんな手術が可能だと思うか?と聞き返されました。

 

ベン子爵は、空想じゃなくて現実で、うちの病院にその患者がいるのだと説明します。

まだ疑っている病院長に、ベン子爵も必死です。

このテレサ病院で手術したんだぞ、と声を張り上げました。

 

そこでやっと、数日前に皇室関係者が付き添って、手術後に皇室十字病院に転院した患者のことを思い出します。

もしかして患者の名前はランドルか?と聞きました。

 

いまだ半信半疑の病院長ですが、この手術を担当したのはグレアムだと答えます。グレアム教授が執刀していた・・・と。

早速合わせてくれとベン子爵が言いますが、グレアムはあの日以来無断欠勤をしていると言うのでした。

グレアムの様子が気になるエリーゼ

エリーゼは気が気ではありません。

グレアムが欠勤しているのは、あの手術が原因かもと思い始めていました。

 

手術の後、明らかにグレアムの様子がおかしかったと思い出します。

すぐに良くなるかと思って気にしていなかったのですが、欠勤が1日2日と続くとさすがに気になります。

グレアムの身に他に何か起きたのかもしれないと思ったエリーゼは、グレアムの家まで行くことにしました。

 

護衛のベントルは、エリーゼがわざわざ出向くことはないとブツブツ言っていますが、自分は弟子なのだと窘めます。

グレアムの住むトラス街は、道も狭く物騒な地域でした。

馬車が通れないので徒歩で進むと、目的の邸宅はシーンと静まり返っているのでした。

外科医エリーゼ23話の感想&次回24話の考察予想

やっぱりグレアムは相当ショックを受けたようです。

でもまさか無断欠勤とは!

 

テレサ病院の院長が、グレアムならもしかして、と思うくらいには天才医師として活躍していますから。

でも、だからこそエリーゼとの差を感じて落ち込んでしまったとも考えられますね。

 

自分には到底できないことを、目の前の少女がやってのけたのです。

引きこもりたくもなる・・・?

 

どの時代でもどの世界でも、「長」と名の付く人は多忙で、細かいことに目が届かなくなるのだな、と思いますね。

報告書はランドルの転院のときに渡してしまったから仕方ないにしても、清算記録や手術記録くらいは見ていて欲しいと思います。

エリーゼが言っていたように、貴族にはどーんと請求しているはずですし!

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』23話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ここがポイント

ebookjapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
特に漫画は約21万冊を揃えており、『外科医エリーゼ』も取り扱っています。
さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!
外科医エリーゼを漫画を楽しみたい全ての方におススメです。

会員登録不要で今すぐ読める/

お得なセールを頻繁開催!

≫≫漫画『外科医エリーゼ』の24話のネタバレはこちら

おすすめの記事