悪党のお父様、私と結婚してください♡ネタバレ

漫画「悪党のお父様、私と結婚してください♡」は原作dalseul先生、漫画via先生の作品です。

今回は「悪党のお父様、私と結婚してください♡」の16話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

裏庭まで行けるようになったエレニカはベルゴットが来てくれると思いました。

だが、来たのは司祭でエレニカはベルゴットに会えるように考えます。

悪党のお父様、私と結婚してください♡【16話】の見どころ

裏庭で待っているエレニカはベルゴットを待ち続けます。

なかなか、来ないベルゴットにエレニカはどう対応するのか見所ですね。

悪党のお父様、私と結婚してください♡【16話】ネタバレあらすじ

司祭が言うには、午後2時には休憩をとっているベルゴットを待とうと思いました。

会おうと意気込んだエレニカですが、4日経っても全く会えず苛つきはじめます。

思わずエレニカは司祭に嘘つきと言いますが司祭は嘘はついてないと慌てました。

 

エレニカは会いに行きてくれないことに泣き出してしまいます。

待つだけのしんどさ、そしてこのベルゴットの地がエレニカには合わず力が抜けるような感覚が辛くなってました。

 

ベルゴットがいればすぐに元気になるのに、司祭は意識しないと神聖力は送れず、また、疲れたぐらいで神聖力をもらうのはエレニカも遠慮していました。

 

マリアンヌも気を使い普段は2日に1度は来るが今は忙しいらしいと伝えます。

ルボブニへ遠征に行き、仕事が溜まっているだけなので心配しないよう言いました。

 

そんな言葉はエレニカには慰めになっておらず、落ち込みます。

自身に会いたくない、愛想を尽かしたと考えますがエレニカはハッとしベルゴットのタイプではないんでは?と考えました。

 

エルラドは切れ長の目元、セクシーな感じでベルゴットは色気のある年上が好きだから原作で結婚したのでは?と考えに至ります。

セクシーな恋に似合うと思い、自身で想像するとただの童話にしか思わず落ち込みました。

 

大人向け、子供向けとのジャンルの違いにタイプは変わるから…呟きます。

考えたエレニカは自身もセクシーになると決めました。

 

エレニカ自身は19だが、エレニカの中身であるこはるは25歳。ベルゴットにセクシーさを見せたいと考えたエレニカはハ妄想から現実に戻ります。

宮殿にすら入れないことを落ち込みましたが不可能はないと決意。

意地でも会ってやると意気込み、午後2時になり裏庭にやってきました。

 

エレニカは自分が裏庭にいるから出てこないと睨んだエレニカは植え込みに隠れます。

マリアンヌはそんなエレニカに驚き止めましたが、エレニカ静かにと静止しました。

 

これで、現れなかったら忙しいと諦めることを決め追われる者、追う者どちらが勝つか勝負を決めます。

ベルゴットは業務をこなしてました。

 

ベルゴットは時計がなり、動かしていたペンを止めました。ベルゴットは今までの4日間エレニカが裏庭にいるのを知っていたのです。毎日色んな姿を見せてくれるエレニカに呆れつつも見ていました。

窓から今も隠れているエレニカを見て呆れます。

 

エレニカは一階にベルゴットがいると思ってましたが実は上の方にいたのです。

正面からは見えないが上階にいるので見下ろしエレニカに気付いていました。

 

誰かを待っていると思いこの地には自身しかいないので待っている事がわかりました。

そのうち諦めると思ってましたが5日経っても諦めず目に入って気になります。裏庭まで許すのは間違っていたとため息がこぼれました。エレニカに静かに過ごすのもいいが、自由を与えたいと思っていましたがエレニカが気になりました。

 

この5日間見ていて元気がないのがきになったりするのに自分自身驚こました。

大人しくしている性格ではないのに、母親を亡くした子猫のようにじーっとしているエレニカに負けてやるか?と呟きます。

自身のその言葉に驚き笑みが溢れ、もう負けていることにエレニカに興味が湧いてきたことに気づいたのでした。

悪党のお父様、私と結婚してください♡16話の感想&次回の考察予想

ベルゴットはエレニカに惹かれはじめてますね。

これからベルゴットはエレニカに会って何を話したらするのか楽しみです。

 

そして、なかなか来ないベルゴットに諦めずに待ち続ける姿がいいですね。

落ち込んだりはするけれど、エレニカは少し考えて元気を出すので素敵でした。

司祭の方やマリアンヌもエレニカに優しく接してるので大切にされていていいです。

エレニカにいる周りの人は優しいですね。

次回が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪党のお父様、私と結婚してください♡』16話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

おすすめの記事