韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」52話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

公爵夫人の50のお茶レシピ52話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

トリプルスイートを訪れた皇子アーサーとソーントン夫人エリナに、クロエが出したのはアールグレイ。

それは以前アーサーが飲んだ香り付きのものではなく、何もブレンドしていないアールグレイでした。

ブレンドされていないのでベルガモットの香りがさらに引き立っているとクロエは説明します。

 

アールグレイが口に合うアーサーは一気にカップを空け、エリナは香りがいいと言いつつもほとんど口をつけずに残してしまいます。

そんなエリナに自分もアールグレイが苦手だったこと、紅茶は嗜好品なので口に合うものだけ楽しめばいいと思っていることを告げるクロエ。

とはいえ、エリナにもアールグレイを美味しいと思ってほしいクロエはあれこれ考えを巡らせます。

 

そこで何かをひらめいたクロエが持ってきたのは、バニラアイスクリームでした。

濃く淹れたアールグレイを上から注いでアフォガードにして食べるのはどうかと考えたのでした。

そしてクロエの考えたとおりバニラアイスとアールグレイは調和がとても良く、今度こそエリナもアールグレイを美味しく味わうことができたのでした。

 

クロエは新しくトリプルスイートで販売する紅茶の種類をアールグレイと、香りづけがされたセンティッドティーにしようと考えつきます。

スイーツやフルーツの香りがあるセンティッドティーですが、クロエは好き嫌いが分かれないものということでフルーツの香りのものを選ぶのでした。

 

一度は苺の香りの紅茶をセレクトしたクロエでしたが、無難なあまり新商品としての意外性は低いのではないか、と悩みます。

残る方法は自分で新たな香りをブレンドすることしかありません。

 

安定か挑戦か。クロエが選んだのは…?

公爵夫人の50のお茶レシピ52話の読んでみた感想

口に合わない紅茶も美味しく飲める方法を考え出すクロエの発想力にはいつも驚かされます。

アールグレイのアフォガード、一度食べてみたいですね。

そして新商品の構想が次回、明らかに!楽しみです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』52話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事