韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ49話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

公爵夫人の50のお茶レシピ49話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

いよいよトリプルスイートで紅茶を扱うことになり、さっそく婦人たちは興味を示します。

皇帝を好んでいるといううたい文句で、来店した婦人たちは続々と試飲します。

 

試飲用のアイスレモンティーに婦人たちは興味津々です。

レモネードを飲む習慣がある帝国人に受けるはずというクロエの戦略は功を奏し、婦人たちは紅茶にハマっていきます。

 

緻密な計算の上でのアイスレモンティー試飲は、さすがクロエという感じですね。

 

アイスレモンティーの試飲は、午後を待たずして終了。

仕方なく、一緒に用意していたホットアッサムティーを飲んだ婦人たちは、アッサムの香りと味に魅力を感じています。

 

巷でお茶が流行り出し、喜ぶエリーですが、クロエはまだお茶を好きなってくれたわけではないと言います。

まだ、お茶ではなく流行として売れているだけだという判断でした。

本当にお茶を好きなってもらうためには、この流行の間にもっと努力をしなければならないとクロエは考えていました。

 

クロエ、冷静ですね。かっこいい。

 

お茶の本当の味を伝えるためには、主な消費者である貴婦人たちをターゲットにしなければと思い、クロエはお茶会の開催を考えます。

 

そんな時、注文しておいたセカンドフラッシュダージリンが邸宅に到着するのでした。

大量に到着した茶園で採れた新茶を細かくチェックするクロエ。

 

茶葉の大きさが均等か、保管状態がどうかをチェックするクロエに、商団員は驚きます。

帝国人はお茶についてよく知らないのが普通のはずなのに、なぜこんなに詳しいのかと。

 

ひそひそ話をする商団員に、商団長が話します。

2か月前に帝国と周辺国からお茶を買い占めた、伝説的な財力を持った帝国人の噂です。

もちろん、全員その噂のことは知っていました。

 

そして、そればバーデンベルグ家ということを知ると、商団員は驚きを隠せません。

 

商団が持ってきたお茶を試飲するクロエ。

その味わいを楽しみながらお茶を買うという、クロエにとってはなんとも楽しいショッピングとなるのでした。

 

帰ってたアルフォンスは、クロエの嬉しそうな姿に、病み上がりの体で無理をしていないか心配です。

自分のことをこんなにも心配してくれるアルフォンスのことを思い、親しくなれたと話すクロエ。

 

アルフォンスの過去を察して、アルフォンスの気持ちになり、アルフォンスを傷つけないようにと思って、クロエは言うのでした。

心配しないで、私がアルフォンスを好きになることは絶対にないと。

公爵夫人の50のお茶レシピ49話の読んでみた感想

紅茶販売の戦略のように、考えて考えた結果出てしまった最後の言葉。

もうクロエのことを好きなっているアルフォンスとの関係はうまくいくのか…先が気になります。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』49話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事