怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画「怪物公爵と契約公女」は原作Minjakk先生、Liaran先生、漫画ROK MEDIA先生の作品です。

 

自分が生贄にされたときに闇の力を得て、それは復讐のためだと思うことをサルバトール公爵に話すと、公爵はレスリーに、それは本当にそうなのかよく考えたほうがいいと言われます。

それでもいくら考えても、レスリーは今回はサルバトール公爵の意見が間違いだと思うのです。

 

また、レスリーがルーエンティお兄様と呼んだことで、サイレーンなどが羨ましがり、お父様や、ベスランお兄様と呼ぶと皆はその可愛さにメロメロになりました。コンラッドを講師として迎えると、レスリーは、神殿で会ったときの気まずさやその恥ずかしさからどうしても赤面し顔を見れなくなってしまうのです。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

「怪物公爵と契約公女」の27話を読んだので、今回は27話のネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

怪物公爵と契約公女の【27話】の考察予想

ゴジさん
怪物公爵と契約公女【27話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

コンラッドに会うとどうしても恥ずかしくて赤面してしまうレスリー!赤面を治せる?

レスリーは、コンラッドに会うと毎回たじろいで、赤面して恥ずかしがってしまいますがこれは恋心がかくれているのでしょうか。

それとも本当に神殿で会った事が気まずいだけでそうなるのでしょうか?まずはその真意が気になるところです。

 

また、毎回今回は会うたびに赤くなるわけにはいかないでしょうし、今回打ち解けて赤面が治るのかも気になりますね。

コンラッド、かわいらしさもあり、正統派のイケメンですから、ピュアな12歳のレスリーが赤くなるのもわかる気がしますね。

怪物公爵と契約公女【27話】ネタバレ&あらすじ

コンラッドの前で赤面してしまうレスリーは、何か話さないといけないのに何を話せばいいかわからず動揺していると、コンラッドはそれに気づき、今日はあいさつに来ただけだから緊張しないように言いました。

そして、紳士的に、自分が買って来たケーキをカットして、レスリーに差し出して神語はすでにアカデミー高学年に達しているレスリーは、天才だということを告げたのです。

 

そんな言葉に顔を赤くしながら謙遜するレスリーに、コンラッドはこれでもかというくらい褒めまくります。

レスリーはもう恥ずかしくて顔から湯気が出るほど真っ赤になると、コンラッドはそれをにこにこしながら見つめ、ルーエンティと仲良くなったきっかげなどを話したのです。

 

そして、エンメリアの歴史書を呼んだことがないというレスリーに、エンメリアは平民出身の女性だし、歴史書というよりは小説のようでとても面白かったとおススメするとレスリーは興味を示します。

そして、サルバトール家の皆が優しいしかっこいいとレスリーが嬉しそうに話すと、コンラッドはにこにこと同調しながら聞き、おいしいケーキを勧めました。

 

そして、苗字を教えてくれなかったためレスリー嬢と呼ぶコンラッドに、スぺラード家だとは絶対ばれたくないレスリーは、レスリーで構いませんと言います。

すると、コンラッドも、コンラッドと呼ぶようにとても紳士的にお辞儀をしながら告げたのです。

 

サイレーンの見張る視線が痛すぎて、授業の場所を変えようと話そうと思っていたコンラッドに、レスリーがサルバトール家で授業をしたいといい、コンラッドは困りましたが、レスリーのお願いする姿が可愛すぎて、その目を見ていると、つい、レスリーが望むなら構わないといってしまいました。

 

コンラッドは帰宅し、レスリーにあってきたことを話すと、コンラッドは面白い人だったと、嬉しそうに話します。

真っ黒なサルバトール家に一匹迷い込んだ白兎のようだと思い、コンラッドはくすっと笑ってしまいますが、神殿でボロボロの服で泣いていたレスリーを思い出し、事情がありそうだと考えていました。

 

コンラッドは使用人のグゥインにエンメリアの歴史書を頼み、同時に甘いお菓子を売っている、おいしいお店を、いろいろと調べるように言いました。甘いものが苦手なコンラッドがこんなこと言うなんてと、グゥインは不思議に思い首をかしげてしまいます。

コンラッドはレスリーともっと仲良くなりたいと思っていたのです。

 

初めて会ったときは泣いていて固まっていて、二度目は恥ずかしがって避けられ、今日はそんなレスリーの笑顔が少し見れた、そう、次回はレスリーのどんな顔が見れるかなと、すでに楽しみになっているのです。

怪物公爵と契約公女27話の感想&次回28話の考察予想

今回もレスリーは恥ずかしがっていましたね。

まだ赤面はなおりませんでしたが、コンラッドのジェントルマンさに、ほれぼれしてしまいます。

 

名字を名乗らないレスリーにも、それ以上聞くこともなく、自分のこともコンラッドと呼んでくださいとか、気遣いも素晴らしいですね。

 

コンラッドもレスリーのことを気に入っているようですし、この二人が今後可愛い恋物語に発展するのかななどと予想してしまいます。しかし、コンラッドもレスリーと会ったときのことを覚えているのには驚きました。

 

てっきり覚えていないとか、見違えて気付かなかったのかと思っていました。

次回、コンラッドとレスリーは更に仲良くなるのが予想できますよね、今後の二人にも注目です。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』27話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫怪物公爵と契約公女の28話のネタバレはこちら

おすすめの記事