テムパル〜アイテムの力〜ネタバレ13話(漫画)グリード資金獲得し次の街へ!

漫画「テムパル~アイテムの力~」原作Saenal先生、作画Team Argo先生 脚色Monohumbug先生の作品です。

 

前回、やっとの思いで作り上げた<ヤパ矢>は特殊能力が付いてさらに能力値もアップしたアイテムになりました。

それを競り市に出し、それをツェダカギルドのギルド長ジェシカが発見し、その能力値に驚きが隠せないでいました。

これから沢山のプレイヤーに注目されて行くことを思うと楽しみです!

 

今回は、果たしてグリードがもたらした騒動が周りにどう影響されていくのか気になります!

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「テムパル~アイテムの力~」の13話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

テムパル~アイテムの力~13話の考察予想

ゴジさん
テムパル~アイテムの力~【13話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

ようやくグリードが作り上げたアイテム<ヤパ矢>によって周りの影響がかなり大きくなっていくのが予想されます。

 

そして、今回この<ヤパ矢>を作った目的として違う街に行く為の金策として<ヤパ矢>を作ったので、今回で次の街に行く事ができるのか楽しみです!

テムパル~アイテムの力~13話のネタバレ込みあらすじ

ツェダカギルドのギルドマスターのジェシカは弓を使う職業で多くの鍛冶職人に矢の制作を頼んで来ましたが、上位等級の矢は聞いたこともないのにこの目を疑うような性能上位レベルの戦いでは決定的な差になるようなものがこんなところで売っているのに驚くジェシカでした。

 

今すぐこの矢を入札しなければ他の人の手に行ってしまうと危機感を感じます。

 

そして、誰がこの矢の製作者なのかが気になり現在鍛冶職人ランク1位ファン見ると2位ステンの2費とではなければ彼らを超える鍛冶職人が存在していることに気がついたジェシカでした。

一方ツェダカギルドのメンバーが3ヶ月でレベルをかなり上げなければいけないことに悩んでいました。

 

特にレガスはギルドマスターのジェシカに3ヶ月で20レベルまで上げることを命令され一緒に話を聞いてくれているヴァントナーという同じギルドメンバーに最後の晩餐くらいおごると慰めます。

そんなときにギルドから連絡があり、鍛冶職人を探せという通知が回ってきました。それは鍛冶職人ランク100位以内のユーザーのうちスキルレベルがプレイヤースキルより低いものをさがすように連絡が回ってきました。

 

これは、ギルドマスターからの連絡で、さっきはレベル上げをよろと言ったのに今度は鍛冶職人を探せところころ変えすぎだと怒りましたが、その次の瞬間には怒りは収まりヴァントナーは驚きます。

この鍛冶職人が見つけることができれば「森の守護者」レイドを成功に導くことができるとメッセージが入りヴァントナーはここまで言う人物を探すことを思います。

ツェダカギルドは少数精鋭で半年の間に各職業ランクの1位~3位を独占し、そんなプライドがあり新しいメンバーは受け入れていない大規模ギルドのように白や名声は得られても誰もが認める武力を積み権威を手に入れる、これが自分が所属するツェダカギルドであると誇りを持っていました。

 

ギルドマスターであるジェシカは、ファンミルやステンを上回る実力の鍛冶職人なら制作アイテムの性能は既存のものを軽々と超え、大陸すべてのギルドが血眼になってこの製作者を探すことになるだろうと考え、必ず誰よりも探す事を決意します。

 

鍛冶職人ランク1位のファンミルも今サティスファイで話題になっている矢について気になっていた。今まで2度エピック等級を作ったことがあるようですが、実力と潜在能力を持つが経験と名声が足りない「匠」がいることに驚いていました。

 

さらに説明文にはファンミルでさえ説明文に「匠」という字が出ることはなくいつだって誰よりも努力してきたと自負してきたファンミルでした。それを軽く凌駕する人物の登場に驚きを隠せないでいます。

そんな事になっていることもつゆ知らず長嶺巧は仕事をするため、派遣場所まで行き、日雇いの仕事を探しに人材派遣事務所に来ました。

 

建設現場の補助に4人募集があり、自分も行こうと手をあげようと長嶺巧は手をあげようとすると近くの人が押しのけてしまいました。

 

次に、タイル加工3人募集が入りまた手をあげようとするとまた、巧を押しのけて行きます。

そんな事が繰り返されることに怒りを隠せない巧は、周りの人にマナーを守ってくれと言い始めますが、職員の人に咎められ次の仕事の紹介が入りました。

 

次の仕事は電気工事日給1万千円1人の募集が入りましたが、この仕事は去年やった経験があり、その後の湿布代のほうが高くついた経験があったので仕事をパスしようと手を挙げるつもりはなくここはやり過ごそうとします。

 

すると、まわりのおじさんが巧の手をとり手を挙げさせ強制的に連れて行かれることになりました。

 

翌日疲れ切った様子の巧は家族からも心配され、父親は、流石に休みなさいといいお小遣いを上げることにしました。

 

そして、巧は休みを獲得し早速ゲームにログインします。

ログインして前回売ったヤパ矢の値段がどれくらい上がったのか気になり確認すると、1本あたり72シルバーになったヤパ矢で通常の矢で6シルバーのアイテムが何倍にも上がりかなり驚愕したグリードでした。

 

そして、99×72シルバーということは71ゴールドと28シルバーになり、ゲーム内の100ゴールドが1万2千円だからたった6時間で8千円稼げたことでもう日雇いに行かなくても良さそうだと喜びを顕にします。

 

そして、早速換金市に行くと手数料が入り71ゴールドが60ゴールドと59シルバーになり残念がり、このままこの街で金儲けしようかと考えるグリードでしたが、この街の鍛冶職人スミスがいて危険がありそうだと思い馬車で違う街に行くとこを決意しました。

 

少しまけてくれて8ゴールドと90シルバーでやっとの思い出馬車に乗ることが出来、やっと適正レベルの街に向かうことが出来ることになりました。

テムパル~アイテムの力~13話の感想&次回14話の考察予想

今回は、ゲーム内で鍛冶職人1位のファンミルが登場しました。そのファンミルでもエピック装備を作るのは至難の業なのが判明しました。

 

グリードはその反面システムアシストもありかなりエピックアイテムを作ることが出来るのはかなり優位に立てるのが予想できます。

 

次回は、次の街に行くための資金も獲得し馬車に乗ることにも成功したグリードは次の街でどのような出会いと新しい装備を作ることが予想でき楽しみです!

まとめ

今回は漫画『テムパル~アイテムの力~』13話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『テムパル〜アイテムの力〜』の14話のネタバレはこちら

おすすめの記事