公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品です。

 

アルフォンスがクロエのために作らせたティールームが完成しました。

初めてのティータイムで、クロエは自分も大好きなミルクティーを振舞います。

 

すると、アルフォンスが、これも新事業の店頭に並べてみてはどうかと提案しました。

確かに、万人受けするお茶だとクロエも思うのでした。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」の34話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

公爵夫人の50のお茶レシピの【34話】の考察予想

ゴジさん
公爵夫人の50のお茶レシピ【34話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

クロエの告白の相手アーサー皇子の来訪

クロエの前に現れた帝国の第一皇子アーサー。

実は過去にクロエが告白したことのある人物!

楓は自分の意志とは関係ないものの、クロエの記憶があるので気まずいことには変わりないのでした。

おまけにアーサーは今でもクロエは自分のことを特別視していると思っているようで・・・。

芳醇な香りのアールグレイ

結局アーサーとアルフォンスにお茶を振舞うことになったクロエ。

選んだのはアールグレイでした。

ベルガモットの芳醇な香りと、クロエのブレンディングしたマリーゴールドが程よくマッチしたお茶は好評です。

さらに、クロエのお茶の知識にアーサーも感心するのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ【34話】ネタバレあらすじ

ミルクティーを店頭で販売するという提案は本気だとアルフォンスが言いました。

エリーたちにも大好評です。

クロエは真剣に考えてみることにしました。

 

クロエが一人でお茶を飲んでいると、いきなりドアを開けて「私にも一杯頂けないかな」と声をかけられます。

現れたのは帝国の第一皇子、アーサーでした。

彼は酒と女に溺れ、遊び惚けている放蕩皇子で、いまだに皇太子の称号も受けられずにいるのです。

 

今日はアルフォンスの執務室に来ていることは聞いていたものの、まさかここまで来るとは思っていなかったので、クロエは慌てました。

実は、数年前クロエはこの皇子に恋をして告白したことがあったのです。

まったく相手にされなかったのですが、その噂は社交界で噂になり、皆に嘲笑われた経験があるのでした。

 

一緒にいるのは気まずいと思うクロエですが、アーサーはお構いなしに部屋に入ってきます。

下女にクロエの居場所を聞いて、ちょっと寄ってみたとウィンクをしました。

あ、そうですか・・・と無表情で答えるクロエ・・・。

 

そこへアルフォンスがやってきました。

すでにご存じでしょうが、とクロエを自分の妻だと皇子に紹介します。

明らかに警戒している表情のアルフォンス。

 

ところが、アーサーはクロエと二人っきりでお茶を飲みたいから出て行ってくれと言い出しました。

アルフォンスも負けていません。

自分も今とてつもなくお茶が飲みたいのだと引きません。

バチバチと火花を散らす二人。

 

アーサーが折れて、まっいいだろう、お前の妻でもあるのだから、と言いました。

クロエはげんなりしますが、相手は皇子なので無碍にもできません。

仕方なくお茶を淹れることにしました。

どんなお茶が良いか尋ねると、私が好きそうなもので、としゃあしゃあと言います。

あんたの好みなんて分かるわけないでしょ!と心の中で毒づくクロエ。

 

初めて飲むお茶にアーサーは興味はあるようです。

飲んでみて、芳醇なお茶の香りに驚きます。

今回クロエが淹れたのはアールグレイでした。

この世界ではエル・ベルチェと呼ばれていますが、クロエはあえてアールグレイという名前を出します。

そして、名前の由来の一説を話して聞かせました。

 

アーサーは感心しますが、過去クロエがワインのことを知ったかぶりをして大恥をかいた話をし出し・・・。

それを遮るようにアルフォンスがお茶の香りについてクロエに尋ねました。

ベルガモットだと説明すると、アーサーがお茶の葉に混ざっていた黄色いものかと聞きます。

それはクロエがブレンディングしたマリーゴールドの葉で、アールグレイの特長であるベルガモットの芳醇な香りがかえって飲みにくいかもしれないと思って混ぜたことを話しました。

 

マリーゴールドを使ったことで、アーサーは自分の目の色と合わせるとは、と悦に入っています。

そしてアルフォンスも自分の髪の色と同じだ、と・・・。

クロエは前からこのお茶の名前は「アールグレイ・フラワー」にしようと決めていただけなのですが・・・。

 

アーサーを馬車まで見送るクロエとアルフォンス。

アーサーがクロエのことを見直したと言って手を取り、嬉しいだろ?とニヤリと笑いました。

クロエが困っていると、アルフォンスが自分の妻だと念押しするように言い、割って入ります。

すると、アーサーは「まさかとは思うが、嫉妬してるわけじゃないよな?」と不躾に聞いてくるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ34話の感想&次回35話の考察予想

楓にとって以前のクロエの感情や行動は自分のものではないにしろ、記憶にはアーサーに告白したことはあるから、なんとも気まずい再会だったでしょうね。

おまけにアーサーがあの態度ですから。

クズ皇子と言われるだけあって、アルフォンスの前でもクロエに対して自分の物扱いするのは、さすがにルール違反です。

せっかく夫婦として大きな前進したばかりなのに。

でも、かえってそれが良い結果になるかもしれませんね。

 

今回のお茶はアールグレイでした。

アールグレイは茶葉にベルガモットの香りを加えたお茶です。

確かに、香水のような匂いで苦手だと感じる人もいると思います。

マリーゴールドを加えるとは、さすがクロエ、って感じです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』34話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事