エボニーネタバレ

漫画「エボニー」は原作Neida先生、REDICE STUDIO先生、漫画kakaopage先生の作品です。

 

エボニ-は、その男性がスぺス監獄から自分を監視するために人が来たことを察します。

そして、エボニーの生活を監視するためのようですが、それはいくらエボニーが完璧な記録を残したとしても、とにかく難癖をつけて再収監するだろうと予想し、自分が何をしても無駄だろうと言いました。

そんな落ち込んでいるエボニーにジュローは、彼がエボニーが犯罪をしたことを認めるように強要した場合、抵抗して、シュナイダー大公や自分に言うように言ったのです。

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「エボニー」の40話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

エボニーの【40話】の考察予想

ゴジさん
エボニー【40話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

シュナイダーがエボニーを待っていた!話したいことって何?

エボニーがサンコの授業に行くと、そこにはサンコの代わりにシュナイダー大公が待っていましたね。

これはシュナイダー大公がエボニーに何か話したいことがあるからでしょう。

話したいこととはやはりエボニーに対するスぺス監獄からの監視についてでしょうか?

 

きっとシュナイダー大公に何かアイディアがあるのか、それともエボニーに心配するなと励ましたいのかもしれません。

二人きりで食事しながら話すのは、シュナイダー大公に恋をしているエボニーにとっては少しうれしい時間にもなるといいのですが、どうなるか楽しみです。

エボニー【40話】ネタバレあらすじ

食事の準備をするから座って待っているように言うシュナイダー大公に、エボニーがなぜお酒があるのか聞くと、大公は雰囲気を出すためだといい、お酒は味見程度しか飲んだことがなかったエボニーは、そのおいしさに目を輝かせます。

 

乾杯し、エボニーは、今日ジュローから言われた注意事項や、黙秘権の件、不当な要求をされたら言うように言われたことなどから、ジュローは自分のことを以前ほど嫌っていないのかもしれないと、嬉しそうに、ほろしょいしたようなにこにこした顔で話します。

 

シュナイダー大公は、その、少しは仲良くなったというニュースに喜び、年齢も一歳しか変わらないんだからと言うと、エボニーは、ジュローは若いのにすごいと褒め、その若者を雇った大公もすごいと褒めました。

 

最初はあまりにみんなが親切すぎて大公をただ、稀代の悪女を立派なレディーに変えて英雄になりたいのだろうと疑っていたことを話し、酔っぱらったエボニーは、大笑いしはじめます。

その姿を見て心配した大公に、エボニーは、大公が自分にお酒を勧めた理由があるはずだと言い、お酒の力が必要な話なら、もう少し飲みますかと、酔ってトロンとした目で聞いたのです。

 

シュナイダー大公は、そんなエボニーの手をやさしく握り、ヴィクター・シェドルの最後について教えて欲しいといいました。

エボニーは、ヴィクターについて、父と同じ鷹狩りクラブのメンバーで、結婚前日、仲間と酔ってエボニーのことで卑猥な話をし、エボニーを皆の前で強姦しようとし、にげようとしたエボニーを追いかけて階段から滑って亡くなったことを告げます。

 

シュナイダー大公は、それを信じるといいました。

 

翌朝、全員でスぺス監獄からエボニーの監視について、会議を開きました。

ジュローは、これまでに前例がないことで、マイスター荘園のことで恨んでいるマーカス・シェドルの陰謀で監察官を買収したのだろうと話します。

 

それを聞いたサンコは、いっそのこと殺すかと言いますが、これから大公の邪魔をするものを全員殺すわけにはいかないし、あなたはもう備兵ではないと、暗い顔でサンコに告げました。

そして皆が自由なアイディアを出す中、シュナイダー大公は、エボニーに、マーカス・シェドルにできる正当な報復は何だと問うと、エボニーは大公の期待に答えられるように考え、答えは初めから1つしかなかったと答えます。

 

エボニーは堂々とその答えを言いました。

そう、エボニーの潔白を証明すればいいのです。

エボニー40話の感想&次回41話の考察予想

お酒がほぼ初めてというエボニー、酔った姿もかわいいですね。

お酒の力を借りたい話しだということで、一瞬恋愛の展開を期待しましたが、エボニー、飲婚約者がどのように亡くなったか知りたがったシュナイダー大公は、この時からすでに、マーカス・シェドルへの報復の為にエボニーの潔白を証明することを考えていたからこその質問だったのでしょう。

 

しかし、その婚約者ですが、想像以上に酷いですね。

本当に男尊女卑が予想以上に酷く、かなり胸糞悪い話でイライラしました。

自分の仲間の前で強姦しようとして階段から落ちたなんて自業自得そのものでそんなことでエボニーが監獄に入れられていただなんて腹が立ちます。

現代でもまだまだ強い男尊女卑の国があり、妻が誰かにレイプされたら妻が監獄いきだとか、ボコボコにされる国があることを思い出しました。

エボニーはいろいろ考えさせられることがある漫画ですね。

次回は、エボニーの潔白を証明するために動くのでしょうが、これは、もしかしたらエボニーデビューと関係があるのかもしれませんね。

まとめ

今回は漫画『エボニー』40話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事