怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画「怪物公爵と契約公女」は原作Minjakk先生Liaran先生、漫画ROK MEDIA先生の作品です。

今回は「怪物公爵と契約公女」の22話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

遠慮して欲しい人形を言わないレスリーに対し、ベスランが、何も買わないと変な噂が立つならここにあるものを全部かうしかないなとつぶやき、全部買おうとすると、レスリーは、恥ずかしそうに黒いぬいぐるみが欲しいといい、黒いうさぎのぬいぐるみを買ってもらいました。

 

ココアやケーキを楽しみ帰宅したレスリーはその夜、うさぎのぬいぐるみを抱きしめながら闇の力に話しかけ、スぺラード家を破滅させるのを見せてあげると改めて誓いました。

翌朝、朝食後のデザートのココアに、昨日のリベンジでタッキーをのせてみるよう、マーデルはレスリーの耳元でささやいたのです。≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

怪物公爵と契約公女【22話】の考察予想

ゴジさん
怪物公爵と契約公女【22話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

レスリーはタッキーを昨日のように可愛くココアに乗せて、スぺラード家の皆にお披露目できるのでしょうか?

前回喫茶店で、レスリーはココアにクッキーを載せて、まるで売り物みたいに可愛かったのですが、ベスランに見せるころにはクッキーが解けて悲惨な姿になってしまっていましたね。

そして、それを指切りしてまで誰にも言わないでと恥ずかしがったレスリー。

 

今回はサルバトール家の皆にかわいいタッキーココアをお披露目できるでしょうか。

こういう些細なことが、子供にとっては大きなことだったなと、思い出させられるシーンですね。

怪物公爵と契約公女【22話】ネタバレ込みあらすじ

昨日のようにタッキーが溶けてしまったらどうしようと心配しながら、レスリーはびくびくしながらクッキーを乗せると、マーデルは、ベスラン様に見せたらどうかと話しかけます。

そして、溶けるのが不安で恐々とベスランに見せると、タッキーは溶けていなく、すごく可愛いココアに仕上がっていて、ベスランをはじめ皆が褒めてくれました。

 

そう、実は、レスリーの為に使用人たちは、レスリーを笑顔にしたいその一心で、クッキーがココアに溶けないようにするために68回も試行錯誤して、30秒以上溶けないココアを成功させたという裏話があったのです。

 

使用人やサルバトール家皆が拍手する中、まだ浮いていることに目をキラキラ輝かせて喜ぶレスリーに、皆が天才だなどと大げさに大騒ぎするため、ルーエンティは、その異様な光景にドン引きして顔を青くします。

 

レスリーがその喜びに浸っていると、ルーエンティが理論の勉強を教えに来ました。

レスリーの闇の力をコントロールするために必要な勉強を全て教える用、サルバトール公爵から頼まれたのです。

 

闇の力は、スぺラード家が自分たちの力を隠すため1000年隠し続けていたため、情報が少ないのですが、魔力と似ていることから、そのような勉強をするといいます。

 

本当はアカデミー高学年でも難しい内容ですが、スぺラード家に恨みをもちレスリーを敵対視しているルーエンティは、あえてそれをレスリーにやらせたのです。

 

しかしルーエンティの予想に反し、降参するどころか古典語と神語は中級まで読め、アベントンの理論は途中までしか読めなかったが、ナイロキアの理論は全部読んだ、そしてそのほかの論理は全部読んだというレスリーに、口をぽかんとさせて驚きます。

 

それに反し、レスリーはこれまで使用人に無能だといびられていたてめ、これだえでは勉強が足りなかったかもしれない、怒られるかもしれないと震えてビクビクしてしまいます。

 

しかし、たった12歳でナイロキアの理論を読んだというレスリーに、ルーエンティは目を輝かせ、レスリーに好きな一節を聞くと、ナイロキアの大ファンであるルーエンティは、同士に出会えたと大興奮して、笑顔でレスリーの小さな手を両手で握りました。

そして、すでにいろいろな知識を持つレスリーを、もしかしたら天才かもしれないと考えるのです。

怪物公爵と契約公女22話の感想&次回23話の考察予想

まさかレスリーの為に、使用人たちが前夜68回もココアの試行錯誤をしたとは驚きました。

レスリー、ものすごく愛されてますね。

 

レスリーは、愛らしくてかわいくて礼儀正しくて、本当は愛される価値が大いにある女の子ですから、今まで自分の家で愛されなかったことが異常なんですよね。

 

そして、ルーエンティですが、あんなにレスリーに敵対心を持っていたのに、共通の哲学者が好きということで、一気にレスリーのことが好きになってしまいましたが、そんなルーエンティ、単純で可愛いなと思いました。

やはりサルバトール家の人間は皆良い人たちですね。

 

次回はルーエンティがレスリーを同志、そして天才と認めたことで同物語が進んでいくか楽しみです。

なによりルーエンティの友人にレスリーは恋?をしていそうなので、ルーエンティとは仲良くなるのがなによりですからね。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』22話の見どころやネタバレ込みあらすじ、感想をご紹介しました。

 

≫≫怪物公爵と契約公女の23話のネタバレはこちら

おすすめの記事