怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画「怪物公爵と契約公女」は原作Minjakk先生Liaran先生、漫画ROK MEDIA先生の作品です。

 

朝早くからベスランと街へ行くのをたのしみにして いたレスリーは、体が冷えて冷たくなりながらも目をキラキラさせて街へ向かいました。

 

外を見ていると息苦しさを感じないから好きと言い、街へ向かう中、馬車から外ばかり見ているレスリーにマーデルは心を痛めます。

そんな中ブティックで、素敵なドレスなどを試着し、幸せな気持ちのレスリーがトイレに向かうと、鬼のような形相のエリーに腕を掴まれたのです。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「怪物公爵と契約公女」の20話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

怪物公爵と契約公女の【20話】の考察予想

ゴジさん
怪物公爵と契約公女【20話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

エリーに見つかった!レスリーはどうする?連れていかれないか心配!

せっかく楽しくみんなでお買い物をしていたのに、ここでエリーにばったり会うとは最悪ですね。

しかもものすごい形相で人相が変わっています。

 

エリーに殴られたりしないか、最悪の場合はスぺラード侯爵のもとに連れていかれないかとても心配です。

あの時のようにベスランが守ってくれることを願います。

怪物公爵と契約公女【20話】ネタバレあらすじ

エリーは、レスリーをトイレに連れていき、常連しか入れない店なのになぜレスリーがここにいるのかと文句を言いながら、もうこんな店2度と来ないと怒りをあらわにします。

そんなエリーに対し、レスリーは反論しながら、こんな早い時間にエリーが店に来るなんて、スぺラード侯爵家で何かあったのだと悟り、それをエリーに聞くと、エリーは、レスリーにあんたが話したのか聞きました。

 

なんのことかわからないレスリーに、エリーは、サルバトール公爵に、父の腕を折ってほしいとお願いしたはずだ、全部レスリーのせいだと大声で責めます。

そして、エリーは、あの時レスリーを助けたのをものすごく後悔しているようでした。

 

レスリーは、エリーの生贄として日に入れられたおかげで、もうスぺラード侯爵に愛されたいと思うこともなくなったし、自分のことをもう卑下しなくていいんだと前向きに考え、そこだけエリーにお礼を言い、エリーのもとを離れようとしますが、また腕を掴まれてしまいます。

 

怒りが収まらないエリーは、恐ろしい顔で、サルバトール公爵に噂をどうにかしろと頼めとか、どれだけ両親が苦しんでいるか訴えました。

しかしレスリーは、それがレスリーの日常だったことを伝えると、エリーの腕を思いっきり突き放し、自分はエリーのせいで何もできなかったこと、そして、エリーが心配しているのは良心ではなく自分自身だと核心を突いた一言を言い放ったのです。

 

するとエリーは、そもそも無能でねずみ色の髪で生まれてきたレスリーが悪い、私のように金髪で緑の目に生まれてきていればあなたも愛されたのにと怒鳴りました。

しかしレスリーは、もしそうだったとして、エリーは、レスリーを妹としてみたのか疑問だといい、うそつきと言い放ったのです。

 

トイレからベスランのところに戻ると、ルーエンティがレスリーを昨日怖がらせたことを謝罪しますが、レスリーは何のことか良く分からず、全然怖くなかったと伝え、自分に敵意を持っているのはもっと恐ろしい人だと、サラッと言いました。

 

洋服の買い物を済ませると、かわいい人形屋の前で足を止めたレスリーは、ベスランの好意で、どれでお好きなものを買ってあげるから選ぶよう言われたのですが、遠慮して断ってしまいます。

そんなレスリーに、なんとベスランは、選べないならここにあるもの全部買うしかないなと言い放ったのです。

怪物公爵と契約公女20話の感想&次回21話の考察予想

エリーが鬼のような形相で現れたときは心配しましたが、あまり大きな問題にならなくて良かったですね。

しかしエリーが途中で言った、ねずみ色の髪に生まれてきたレスリーが悪いとか、金髪の緑の目なら愛されたにとかいうセリフがあまりにもむかつきました。

 

人種差別的な発言にもなりますし、髪の色や目の色が違うだけで奴隷だとか、愛されないとか、しかも他人ではなく両親に愛されないなんて、あまりにもばかばかしすぎる発言にイライラしました。

可愛ければ愛される、かわいくなければ愛されないという現代の若い女の子の強迫観念や、人種差別に通じるものが感じられ、このエリーの発言はだめですね。

 

そして今ねずみ色の髪でも、本当の親ではなくても、サルバトール家に愛されてるレスリーは、遠くない将来、愛や奴隷は髪の色や瞳の色で決まるものではないという事を身をもって実感するでしょう。

また、遠慮して、ぬいぐるみをいらないといったレスリーに対し、全部買うといったベスランは賢いですね。

 

遠慮する子供に全部と言ったら、更に遠慮するでしょうから、一つ選びますもんね、

次回、レスリーは木っと大切な、一つの可愛いぬいぐるみを手に入れることでしょう。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』20話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『怪物公爵と契約公女』21話はこちら

おすすめの記事