シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ

漫画シャーロットには5人の弟子がいるは原作、漫画YongYong先生の作品です。

 

少し前からシャーロットを見張っていた黒マスクの男が、ダンと会っているときに姿を現しました。

ダンに追わせるものの振り切られてしまいます。シャーロットは自ら男を追い、その顔を見ると・・・。

 

今回は「シャーロットには5人の弟子がいる」の17話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

≫≫他の話数ネタバレはこちら

シャーロットには5人の弟子がいるの【17話】考察予想

ゴジさん
シャーロットには5人の弟子がいる【17話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

エヴァンのマナが・・・。

黒マスクの男はシャーロットの弟子、エヴァンでした。

しかし、なぜ気づかなかったのか訝しがるシャーロット。

考えた末、思いついた結論は喜ばしくないもののよう・・・。

マーベルの皇帝も動き出す

クラウスに宣戦布告してきた、とジェフリーに言われ頭痛の種がひとつ増えたシャーロット。

彼もまたシャーロットの弟子の一人なのでした。

何やら動き出すようです。

キルハルトから報告のあった人物・・・とはシャーロット!?

シャーロットには5人の弟子がいる【17話】ネタバレあらすじ

男を組みしだいたシャーロットは「エヴァン」と名を呼びました。

男は簡単に手に巻かれた魔法の鎖を引きちぎり、シャーロットに「俺はエヴァンではありません」と言います。

シャーロットは、私だって・・・と、「シャーロットじゃないぞこの野郎!!」と男のほっぺをぎゅーっとつまみました。

 

一体何があったと真顔で聞くシャーロット。

そのとき、エヴァンがシャーロットをいきなり抱き上げ走り出します。

ドカーンという爆音がしました。

もうもうと煙の上がる中、一人の男が近寄ってきます。

剣を手にしたその男は、シャーロットを離せ、と。

姿を現したのはジェフリーでした。

 

シャーロットは血の気を失って、いきなり攻撃するな!ケガするところだっただろう・・・と身振り手振りで伝えます。

ジェフリーも、君に怪我させるわけないでしょう、と身振りで答えます。

何やってんだこの二人・・・。

 

そんなことをしていると、エヴァンがジェフリーに襲い掛かりました。

ジェフリーは難なくかわし、相変わらず礼儀がなってないな、と言います。

引かないエヴァン。攻撃を続けます。

そこへシャーロットが割って入りました。

何をしている、子供じゃないんだから、とジェフリーの剣を納めさせました。

 

エヴァンの気配が消えていきそうな気がしてシャーロットが振り返ります。

止めるのも聞かず、エヴァンは姿を消しました。

マーベルで会いましょう、という言葉を残して。

 

君をつけてたのはエヴァン・セルビルだったんだね、とジェフリーがいけしゃあしゃあと言うので、ギッとにらむシャーロット。

本当に知らなかったとジェフリーが言います。

エヴァンについては、4年前にマーベルのカルベロン山脈で確認されたのが最後で、死んだと噂されていたのもその時の騒動が原因だと説明しました。

4年の間に何かがあったのだろう、とジェフリー。

追跡させると言いますが、その必要はないとシャーロットが止めます。

エヴァンは弟子の中でも優れた才能を持つ者だから、隠れようと思ったら自分でもそう簡単には探し出せない。

それに、またすぐに現れる・・・と言いました。

 

シャーロットはなぜすぐにエヴァンだと気づかなかったのか考えます。

導き出された結論は、マナが変わっていたからということでした。

固有のマナが変わる理由は二つ。

ひとつはシャーロットのようにすべてを放出した場合。

そしてもうひとつは触れてはいけない「もの」に触れたとき

シャーロットは嫌な予感がしました。

「災い」が脳裏をかすめます。

 

シャーロットはジェフリーに、マーベルに行ってくる、と告げました。

 

マーベルでは、皇帝がクラウスからの返事を受け取っているところでした。

マーベルの皇帝は白髪で白髭をたくわえた威厳のある風体です。

手紙を読んだ皇帝がクスリと笑います。

従者が「戦争ですか?」と聞きました。

まさか、使節団を送るそうだ、と答える皇帝は、魔法を発動させます。

 

従者が、キルハルトが言っていた人物が本当にあの方と関わりがあるとお考えですか?と聞きます。

直接会ってみればわかるだろう、と皇帝が答えました。

その姿は年若い好青年に変わっているのでした。

シャーロットには5人の弟子がいる17話の感想&次回18話の考察予想

黒マスクの男が弟子の一人だった、というのは分かりましたが、どうもきな臭いですね。

魔獣を呼び出したりしてましたしね!

まさか「災い」と接触してしまった!?

シャーロットもそこを懸念しています。

とにかくマーベルに行かないと!決意しました。

 

そのマーベルでも・・・。

皇帝はシャーロットの弟子だから、当然行方を捜していると思います。

ダンの行動も把握しているみたいです。キルハルトを使って。

弟子はみんなジェフリーのことは煙たがっていることは確か!

飄々と相手するジェフリーって何者なの!?

 

ところで、今のシャーロットに会って、弟子たちはどうしようと言うのでしょう?

エヴァンも、かつての力はシャーロットにはないことは分かっていたと思いますし。

謎は深まって来ましたね。

まとめ

今回は漫画『シャーロットには5人の弟子がいる』17話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事