お見合い相手はうちのボスのネタバレ

漫画「お見合い相手はうちのボス」は原作Haehwa先生、漫画NARAK先生の作品です。

 

酔ってしまったスアを家まで送ろうとするジュン(キム室長)にスアは「ジュンさんともっといたいから帰りたくない」と言いますが、ジュンは冷静に「今日は遅いので帰りましょう」といいました。

ですが、帰りたくない駄々をこねてしまうスアは「私は初めて会った時からヤ〇たかったの」と爆弾発言し、一気に顔が赤くなるジュンに、スアはさらに攻めるのでした。

 

そして、ユナも会食でやけ酒でダウンし、顔をあげるとジフ社長の姿が。酔ってジフ社長の顔に触りまくるユナに困った社長は帰ろうとしますが、ユナから私の話を聞いて!とお願いされます。

 

ユナの話の内容は社長の言い方の違いがわからないので戸惑うというもので、そして「社長をだましてた」と打ち明けました。

実は社長のお見合い相手は私だったと打ち明けるユナは、社長との見合いが人生初めてと言いました。

 

ユナは、社長も私の事遊び好きじゃないって分かってて騙してたと意地悪を言い怒り出します。

そして、話は「私はクビですか?」という話になり、一方的に家の借金が大変でがんばって返すからクビにしないでとお願いしました。

 

社長は「今まで通り出社してください」と回答し、ユナは社長の姿が神様のようにみえますが、社長は心の中では「クビでは生ぬるいから結婚という墓場に生き埋めにしてあげましょう」と思うのでした。

 

ユナは「社長との縁はここまでってことでありがとうございました」と言い、社長の肩に手をかけ、社長の唇にキスをするのでした!

驚くジフ社長ですが、次第に目を閉じていく社長。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「お見合い相手はうちのボス」の31話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

お見合い相手はうちのボス【31話】の考察予想

ゴジさん
お見合い相手はうちのボス【31話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

いきなりのユナのキスのびっくりの30話でしたが、ユナがこの事を覚えてるかどうかですよね。

さすがにうろ覚えで覚えてそうではありますが、すべてわかってるジフ社長はどう接するのか気になります。

 

一気に結婚にもっていくのか、特に変わらず接するのか。

今の社長って一歩引いて接している感じがするから様子見しながらな気がするのですがどうでしょうか。

 

そして、スアとジュンは一夜を一緒に過ごしたのか。

さすがにあのスアの勢いだと朝まで一緒にいそうな気はします。

お見合い相手はうちのボス【31話】ネタバレあらすじ

ベットでぼーっとしているスアは頭がジンジンと痛みます。

そこに「お目覚めですか?」と声をかけるジュンに、「ここは?」とスアは聞きました。

 

ジュン(キム室長)は服を着ながら「私の家です」と答え、ホテルだと人の目が気になるからだと言います。

ですが、何がなんだかわからない状態のスアに「昨夜の事覚えてないんですか?」と不安げに聞くジュン。

 

全く覚えてないスアにジュンは一部始終を説明しました。

 

昨夜家に入った2人は熱烈なキスをし、ジュンが少し待ってと言うのも聞かずにスアはジュンを押し倒します。

お話は後と言い脱ぎだすスアに、ドキドキしながらなすがままのジュンは、どんどん服を脱がされました。

 

説明をきいたスアは顔を赤らめ「私たちしたんですか?」と驚き顔が赤くなります。

あわてふためくスアに、「意外と大胆なんですね」と言うジュン。

 

スアは「記憶違いなんじゃ?」と言い出し、戸惑うジュンに「お互い結構飲んでたから夢を現実と勘違いしてるとか?」と言いした。

必死なスアに「そんなに嫌なんですか?」と言うジュン。

 

スアは「あり得ない! できることならなかったことに」と言い出し、ジュンは大ショックをうけました。

ジュンは「わかりましたから、もうこれ以上何も言わないでください」とその場を去ろうとします。

 

そうじゃなくてと慌てて引き留めるスアですが、「先に失礼します スアさんはゆっくりしてください」と言い去っていくジュン。

1人残されたスアは「私初めてなのに何も覚えてないなんて! だからもう一回しなきゃダメ!」と泣き出しました。

 

場面はかわって、よく寝たと起きだすユナ。

昨日はどうやって家まで帰ったか覚えてない状態ですが、二日酔いは案外平気でした。

 

鏡をみながら化粧をするユナは、何も変な事してないよねと思い出そうとしますが、何か嫌な予感がします。

唇に何か触れた感触を思い出し、何かが入ってきたようなと徐々に思い出しました。

 

まさか接吻?と思うユナ。

いやいやこの感触は焼肉の感触だと言いきかせますが、どう考えてもリアルな感触はキスだと思い出します。

 

ぼやける相手のシルエットを必死に思い出すと、なんと社長。

「ありえない!これは夢なのよおぉぉ! こんなのノーカン!なしなし!」と叫ぶユナなのでした。

 

場面はかわってジュンのスマほにはスアからの不在通知が4件もあり、メッセージは「ジュンさんおはようございます(ハート)」と届いてました。

気が重くなるジュンに、「遅刻だな」と声をかける社長。

 

「社長もですね」と言うジュンに、「元気がないようだが」と続ける社長。

「なんでもありません」と答えるジュンですが、「相変わらず嘘がへただな」と指摘されました。

 

少しムッとしたジュンは「ほっといてください」と言い、「社長は何かいいことでも?」と、じとっと見ながら言います。

「別に」と答える社長ですが、ジュンは心の中で「社長こそ嘘が下手だ」とユナさんと何かいいことあったのかと思いました。

 

エレベータの前でそんなやりとりをしていると、「待ってください乗ります!」と駆け込んでくる女性が。

その女性はユナで、乗り込んだと同時に社長と気づき「げ!」との声が。

 

社長は驚きもせず「おはようございますユナさん」といい8階に導こうとします。

ユナは焦りながらお礼を言い、社長の唇をみて赤面してしまいます。

 

「昨日はちゃんと帰れましたか? 二日酔いは大丈夫ですか?」と聞かれ、大丈夫ですと答えるユナですが、心の中ではどうやって帰ったか全く覚えてないし記憶が吹っ飛んでたと思います。

 

そして、キム室長と話だす社長の内容は他部署の会食の話ですが、そこには社長は参加しないとのこと。

なんで私の部署だけ顔だすのよと思いながら、8階につきました。

 

なんで肝心なこと思い出せないのかな、と呟きながらエレベータから去っていくユナに「何がおもいだせないんですか?」と社長に聞かれ悲鳴をあげます。

なんで社長も8階に?と聞くユナに、社長は「まさか昨日のこと覚えてないんですか?」と問い詰めるのでした。

お見合い相手はうちのボス31話の感想&次回32話の考察予想

スアさんやっちゃいましたね(苦笑)

いつものマイ―ペースさが裏目にでたように感じました。

 

今のところ焦りまくってるスアですが、ジュンはずっと連絡に出ないわけにもいかないだろうし、次回で誤解がとければいいのですが。

 

そして、ユナは覚えてないフリをするんだろうか?

今までのユナの行動からすればありそうだけど、あのディープなキスを社長としたからには逃げられそうにない気がします。

 

社長としては、唇を奪われたって感じなのかなと考えると今後の展開面白くなってきますよね。

まとめ

今回は漫画『お見合い相手はうちのボス』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『お見合い相手はうちのボス』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事