韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ40話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

公爵夫人の50のお茶レシピ40話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

ジャスミン茶の宣伝戦略は、バーデンベルグ邸ティールーム会議の通り進んでいきます。

バーデンベルグ家でジャスミン茶を仕入れ、温料理店ミョンヘ館では料理と一緒にジャスミン茶を提供し、皇子の広告ポスターも貼られました。

皇子のポスターは爆発的な人気で、巷では温料理とジャスミン茶は、パンとコーヒーよりも合うという話題まで出るほどに。

ミョンヘ館の客の7割はジャスミン茶を注文するようになっていきます。

 

クロエの作戦、大成功ですね!

作戦もそうですが、やはり皇子の人気もすごい…

 

時を同じくして、トリプルスイートで販売しているミルクジャムも貴婦人たちの間で大流行しています。

 

クロエ、かなりやり手ですね。

 

クロエは、人気店であり続けるために、新商品の開発に取り掛かります。

新商品は、ローズジャムの開発を提案します。

もちろん、バラの花を食べたこともないフォートナムは、食べていいものなのかと疑問を抱きます。

 

そんなフォートナムに、クロエはバラは食用でも使えること、バラが咲いた後の実から作ったものがローズヒップティーだと教えるのでした。

 

クロエのお茶に対する知識は底なしですね…

 

クロエ、ローズジャムは、香り、見た目全てが美しいので、貴婦人たちの興味を引くことができると革新を持っています。

 

数日後、クロエとアルフォンスは皇宮での宴会に招待されました。

 

宴会の席では1年前のクロエとは、全く別人のようで、とても魅力的だという話で持ち切りです。

また、アルフォンスの変化も話題になります。特に、クロエに対する態度が変わったと。

 

靴が合わずに足に痛みを感じるクロエは、靴を履き替えようと侍従を探します。

クロエの変化に気付いたアルフォンスは、すぐに侍従を読んで代わりの靴を用意します。

 

アルフォンス、クロエの細かい変化にまで気付くなんて、とても好きになってますね。

 

さらに、靴まで履かせてくれるアルフォンスに、クロエはドキドキが止まりません。

周りでも、夫婦仲が悪いなんてデマだったんだと噂します。

 

良い雰囲気のところで、アルフォンスは皇子に呼ばれ、クロエのそばを離れます。

アルフォンスを待つクロエの元には、皇子が。

皇子は、アルフォンスを名前で呼ぶように、自分をアーサーと呼べと迫ります。

 

皇子、酔っぱらった勢いで迫ってますね。

 

迫る皇子でしたが、クロエの凛とした態度にたじたじに。

クロエのアルフォンスへの愛が伝わってきます。

 

そこにアルフォンスがやってきて、二人は仲良くその場を去ります。

 

アルフォンスの皇子を見る目がかっこいい!

 

宴会場を後にする二人。

クロエは、アルフォンスのこと、昔のことを思い出すのでした。

 

そして、アルフォンスは…

公爵夫人の50のお茶レシピ40話の読んでみた感想

クロエとアルフォンスの愛が伝わる話でした。

結婚をするときに、お互いに愛さないと約束をした夫婦が、こんなにも愛し合えるなんて…

心にグッときます。

最後にアルフォンスが開いたのは何なのでしょう…続きが気になります。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』40話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事