韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ39話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

公爵夫人の50のお茶レシピ39話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

皇子からレストランの店長を呼ぼうという提案を受けて、クロエはそこまでする必要はないと皇子をとがめますが、おかまいなしで、店長のブラクストンを呼びます。

 

温料理研究過程に、お茶について知ってはいたが、帝国人が好まないという理由でお茶をおていないようです。

 

皇子は、クロエが入れたジャスミン茶を一度飲んでみることを提案します。

喜ぶブラクストンにクロエは戸惑い、アルフォンスと顔を見合わせます。

うなずくアルフォンス。

結局、バーテンベルグ邸に招いてジャスミン茶をごちそうすることになります。

クロエとアルフォンスの信頼関係が表れてますね。

 

ジャスミン茶を初めて飲んだブラクストンは、クロエが言うように、油こさを流してくれるようだと感銘を受けます。

皇子も、香りが強く、以前ごちそうになったアールグレイとは正反対でとてもおいしいと驚きます。

 

クロエの努力でお茶の魅力にハマってきてますね。

 

しかし、ブラクストンはお店で出すには難しいと感じます。

お茶に対する客のイメージや、輸入ルートなど、損益を考えると難しいとつぶやきます。

 

客商売なので、おいしいだけじゃダメなんですよね。

ブラクストン、冷静です。

 

クロエは、輸入ルートは心配しないでと、アルフォンスに協力を促します。

もちろん、アルフォンスは可能だと答えます。

 

輸入ルートは解決できても、客がジャスミン茶を好むかどうか、ブラクストンの不安はぬぐえません。

高価な商品でもあるので、勝負にでるのは難しそうです。

 

クロエは、新メニュー発売記念で50%オフにするなど、販促のための案を出しますが、貴族社会で値引きは好まれないようです。

貴族たちが、ジャスミン茶を飲みたくなるような方法はないか…

 

クロエはひらめきます。

流行を作ればいいのだと。

貴族たちが、温料理を食べる時にジャスミン茶を飲まなければ、流行りに乗り遅れているという風潮を作ることで、ジャスミン茶の注文を促そうという案です。

 

さすがクロエですね。

ハジョン時代に任された仕事を、たくさんこなしてきただけあって、仕事できますね。

 

流行を作るためには、誰もが知る著名人がジャスミン茶を勧めればいいのだという案に、全員皇子に目が行きます。

そう、皇子がモデルになりポスターを作ろうとことです。

 

皇子もその気で、ポスター広告の話は進んでいきます。

そのやり取りを見ながら、アルフォンスの脳裏に不安がよぎり…突然クロエにキスをします。

 

バーデンベルグ邸からの帰り道、皇子とエレナの会話は、クロエの話題になり、エレナはクロエに対してのうらやましさを口にします。

クロエの提案に男性3人が納得する姿は、自分にも力があればと、エレナのもどかしさを掻き立てるのでした。

 

皇子は、そんなエレナにクロエよりかわいいと、やさしい言葉をかけるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ39話の読んでみた感想

ジャスミン茶を広めたいと、ハジョン時代の経験に基づき様々なアイデアを出すことで、本人の意思とは関係なく、クロエの魅力がどんどん増していってます。

今後、クロエを取り巻く人間関係に変化が起こりそうですね。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』39話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事