エボニーネタバレ

漫画「エボニー」は原作JAYA先生、漫画Neida先生,REDICE STUDUIO先生先生の作品です。

 

前回は、ジリアンからの、レイブンが彼女なのかという突然の質問に、シュナイダー大公ははっきりと否定しました。

その上で、レイブンは学ばないといけないことがたくさんあること、恋愛は全てのJAYA先生、漫画Neida先生,REDICE STUDUIO先生先生の作品です。

 

前回は、ジリアンからの、レイブンが彼女なのかという突然の質問に、シュナイダー大公ははっきりと否定しました。

その上で、レイブンは学ばないといけないことがたくさんあるから恋愛どころでは位と言いました。

 

恋愛は全てのも苦笑が達成された後でよいこと、そしてレイブンが恋愛するにしても、それは退屈をしのぐための遊び程度でいいという、レイブンには興味がなさそうな発言をしたのです。

しかしその後、乗馬の練習中のエボニーに、乗馬以外は完ぺきなのにな、とか、笑ったほうが綺麗だなどかなり褒めまくり、エボニーはそんな大公の言葉に、ほほを少しだけ赤らめたのです。

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「エボニー」の28話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

エボニーの【28話】の考察予想

ゴジさん
エボニー【28話】のネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

シュナイダー大公の血縁関係者である国王はどんな人?宴会はどうなる?

いよいよ今回は宴会が開かれると思いますが、シュナイダー大公はかなり行きたくなさそうで嫌そうにしていましたね。

前回は、マーシャ達も国王の悪口を言っていましたし、国王がどんな人なのかとても気になります。

そして、シュナイダー大公はジリアンをパートナーとして連れていく作戦になりますがどうなるか楽しみです。

エボニー【28話】ネタバレあらすじ

宴会会場は、遅れてきたシュナイダー大公がジリアン・マイスターをパートナーとして連れてきたことでざわつきます。

そんな中、シェドルは田舎女のくせにシュナイダー大公と手を組めたジリアンに対しものすごく怒っていました。

 

その男性は、ジリアンに対し、尻軽女だとか、死んだ旦那を偲ぶ会に、新しい男と来るとはどういうことだと怒鳴り、極めつけには、将軍の墓地の前で首を吊れと叫んだのです。

 

そんなシェドルをジリアンは冷たく見下した目で冷静にかわして、シュナイダー大公も、若い女性を責めるなんて卑怯な男だというようなことを言い、シェドルを追い払います。

 

そんな中エボニーはジュローとジリアンの身の安全や相続手続きの話をし、ジュローに、マーカス・シェドルの次の手を予想するように言われます。

いろいろ考えた結果、財政官と財相の爵位に触れ、財相はこの国では王族の次に立場が高く、財政官はマーカス・シェドルと同じ爵位で、不正の共謀者にピッタリではないかとエボニーは予想しました。

 

正しいけど完ぺきではない答えにジュローは、この件が王族争いに関与していると告げたのです。

財相は第2王子を、そして大法官第1王子を推していること、そしてシェドルはまだどちらとも関りがなく、権力者から見るとただの若造の1人だと続けました。

 

そんな話をしている中、エボニーの表情やしぐさから、ジュローは、エボニーが鋭い動物的な感覚を持つ才能を見つけます。

まだ答えにたどり着けないエボニーに、ジュローは、大公が直々に出した課題、それはエボニーがこの質問の答えを自分で見つけ出すことだと告げたのです。

 

ジュローが大公に、エボニーは賢いがカルカスの女性は政治には無知だから、答えを見つけ出せるかなという話をすると大公は、彼女は普通のカルカス女性ではないと告げます。

殺人の罪に問われ18歳から監獄暮らしの伯爵令嬢、そう、彼女は常識にはとらわれないと言いました。

 

そして、エボニーは大公が自分の地位を利用して荘園を手にする戦略とは比べ物にならないほどの妙案を思いつくだろうと言うと、ジュローは信じられないという顔をします。

 

そこでジュローは大公に言われるままエボニーが5年間監獄でどんな人たちとどんな会話をしてきたのかを知るため囚人達を大量の資料から調べます。

ジュローがエボニーに関する情報を見つけたと同時に、エボニーもその答えを見つけたのです。

エボニー28話の感想&次回29話の考察予想

今回残念ながら、期待していた国王は登場しなくて見れませんでした。

しかし、マーカス・シェドル、かなりブチ切れていましたね。

カート・トレールも行方不明になり計画を実行できずその上、シュナイダー大公と手を組まれたことから勝ち目がないことに気づき、苛立ちを隠せなかったのでしょう。

そしてシェド?ルの次の手が怖いですね。

エボニーが監獄時代どんな人たちと関りどんな話をしてきたのかも興味深いですね。

国中の魔女が捕らえられたということですし、エボニーのように元いいところのお嬢様や、もしくは犯罪に手を染めたか濡れ衣を着せられた権力を持つ女性や権力者の恋人などもいたのでしょうか。

次回、ジュローがそれにかかわる何を見つけたのか、またエボニーが出した答えも楽しみです。

まとめ

今回は漫画『エボニー』28話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事