韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」37話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

公爵夫人の50のお茶レシピ37話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

宴会のさなか、アルフォンスのもとにコリン夫人を捕まえたという知らせが入り、コリン夫人はアルフォンスの命令で独房に入れられます。

 

やがて独房を訪れたアルフォンスの足元に跪き、慈悲を懇願するコリン夫人。

しかしコリン夫人のすべての悪事を知ったクロエはこれ以上彼女を許すわけにはいかないと判断し、すべての処罰権限をアルフォンスに託します。

 

アルフォンスはコリン夫人にムチ300回の刑を命じたのち皇立裁判所へ引き渡し、貴族冒涜と殺人未遂の罪で絞首刑となったコリン夫人は自らの命で罪を償うこととなりました。

 

その知らせを聞いた使用人たちは次々とクロエのもとを訪れて自らの罪の許しを請い、罰を受けました。

また、今回の件で予算の管理権と使用人を雇う権利もクロエに返されたのでした。

 

たくさんのことが一気に起こり気疲れをするクロエを、アルフォンスは演劇鑑賞に誘います。

演劇を前もって予約してくれたというアルフォンスの深い思いやりを感じ、クロエは嬉しい気持ちになるのでした。

 

そして迎えた演劇当日、広々と舞台を見渡せる客席に大はしゃぎのクロエをアルフォンスは微笑ましく見つめます。

しかし演劇に全く興味がもてないアルフォンスは、舞台の登場人物たちと一緒に一喜一憂するクロエに共感できずにいました。

 

そんなアルフォンスに、クロエは演劇をもう一度だけ一緒に観覧しようと誘います。

登場人物の気持ちに共感してみてほしい、と伝えたのです。

 

二度目の観劇でもやはり登場人物の気持ちが理解できないアルフォンスでしたが、あるシーンで突然気持ちが動き、クロエと…?

公爵夫人の50のお茶レシピ37話の読んでみた感想

暗い雰囲気で始まった37話でしたが、最後はまさかのドキドキの展開に…

クロエの影響でどんどん人間らしさを取り戻していくアルフォンスと、アルフォンスに素直な気持ちを伝えられるようになってきたクロエ。

お互いを尊重しながら、信頼関係を気付いていく2人の仲がどう進展するのか、次回が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』37話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事