韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」36話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

公爵夫人の50のお茶レシピ36話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

クロエのことをぎゅっと抱きしめたアルフォンス。

気持ちを素直に伝える方法がまだ分からないけれど、努力するので待っていてほしいとクロエに伝えます。

 

その言葉にクロエは、心がこもった贈り物を望んでいると言ったことを彼がずっと気にしていたのだと悟ります。

そして、もう少しアルフォンスのことを信じて待ってみようと思うのでした。

 

クロエとアルフォンスの仲がまた一段と深まったことは屋敷中で話題になり、誰もがクロエの味方のように見えました。

しかし、クロエを失脚させようと、最後のチャンスを狙うコリン夫人がまた現れます。

 

お屋敷での宴会の日。

クロエは宴会の主催者するにふさわしいドレスアップをするため、ドレスアップのプロを呼びました。

専門家の手を借りて、美しく変身するクロエでしたが、なぜか他の人の服を着ているような違和感を感じます。

 

気のせいだと自分に言い聞かせたものの、なぜかすれ違うメイドたちは怪訝な顔。

さらに、屋敷に到着したフォートナム夫人はクロエのことを見るなり、彼女を急いで連れ出したのでした。

 

フォートナム夫人はクロエを馬車に乗せ、クロエの格好はアルフォンスの元恋人にそっくりだと告げます。

ショックを受けつつも、クロエの脳裏にはすでに犯人の顔が浮かんでいました。

 

フォートナム夫人はクロエを腕のいいデザイナーのもとへ連れていき、2時間半で宴会にふさわしい装いへ着替えさせるよう依頼します。

宴会までに間に合わせられないと断るデザイナーでしたが、フォートナム夫人が食い下がってくれたおかげでドレスアップを受けることができたのでした。

 

そして、宴会には少し遅れてしまったものの、信じられないほど美しい装いで現れ、会場を沸かせたクロエ。

アルフォンスと連れだって入ってくるクロエを見たコリン夫人は、自分の計画が失敗に終わったことを知り、逃亡を図ります。

公爵夫人の50のお茶レシピ36話の読んでみた感想

クロエとアルフォンスの間の誤解が解け、仲が深まったところに久しぶりに登場したコリン夫人ですが、今回も冷酷な計画でした。

配偶者の元恋人と同じファッションになるように仕組まれるなんて、怖いですよね。

コリン夫人はこのまま逃げ切ってしまうのでしょうか。次回が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』36話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事