異次元傭兵ネタバレ

漫画異次元傭兵は原作GMHO先生、漫画BALLO先生の作品です。

 

ユリバルツの依頼を最後までやり遂げ、感謝される哲平。

しかし、エージェントのタマナビでは、このミッションクリアは想定外のことだったのです。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「異次元傭兵」22話のネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

異次元傭兵の【22話】の考察予想

ゴジさん
異次元傭兵【22話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

無事に元の次元に還ってくることができた哲平。

タマナビの事務所で社長と対面しています。

ユリバルツの依頼の報酬

今回の依頼では、いくつか引っ掛かっていることがあった哲平ですが、とりあえず報酬について説明を受けます。

その額は哲平が思っていたよりずいぶん少ない額でした。

しかし、代わりにユリバルツから報酬を受け取ったと言われます。

それは「魂の欠片」のことでした。

人生の不幸指数?

哲平は、過去何度も悲惨な出来事を経験したことを指摘されます。

そのことについて、社長から信じられないことを聞かされるのでした。

異次元傭兵【22話】ネタバレあらすじ

異動空間に放出された哲平の前に、情報ウインドウが現れました。

特殊アイテム「ユリバルツの魂の欠片」と手に入れたこと、レベルが3に上がったこと、そして元の次元へ転送・・・。

 

タマナビの事務所で、社長は哲平に依頼をクリアしたことの礼を言います。

連続クリアも褒める社長。

しかし、哲平は何か引っかかるのを感じていました。

 

ユリバルツがこの依頼をクリアしたのは自分が初めてだと言ったことを伝え、もしかしたら自分も失敗させるためにあの場所に送ったのではないかと、哲平はストレートに聞きました。

社長は否定して、会員にあった場所へ転送していると言います。

人を殺すよりモンスターを殺す方がマシでしょう?と。

そして、クリアおめでとうございます、ご無事で何よりです、とニッコリ笑って言いました。

素直に喜べない哲平。

社長のことを胡散臭いと思います。

 

今回のミッションの報酬の話になりました。

円に換算すると48万円と言われ、苦労した割には少ないと哲平は感じました。

パーフェクトクリアなのに少ないのでは?と哲平が聞きます。

それに、ファーソンの依頼では報酬率1%で16万だった。今回は15%なのに、と考えます。

社長がファーソンの場合は略奪加算金があったから特別だと言いました。

考えていることはお見通しなのです。

ユリバルツの依頼は指輪の回収までで、伯爵から与えられた爵位や領地は換金されないと説明しました。

単なるボランティアだったのか、と哲平はがっかりしますが、社長がそのかわり「ユリバルツの謝礼」があるではないですか、とクスッと笑って言います。

 

哲平はユリバルツから貰った魂の欠片を思い出しました。

社長はそれを80万で買い取ると言います。

高額ですが、哲平はユリバルツに「君にはこれを持つ資格がある」と言われたことを思い出し、簡単には売れないと考えます

いつでも買い取ると言われたので、この場は持っていることにしました。

 

使ってもいい、と聞いた哲平は、どんなことに使えるのか尋ねます。

1回だけユリバルツの生前のパワーや勇気、リーダーシップを手に入れることができる、というものでした。

 

哲平はユリバルツのことが気になります。

ずっとあの場所にいるのかと社長に聞いてみました。

次の契約者が現れるまでは、あの場所で良い夢を見ていると思う、哲平のおかげだと言います。

しかし、新しい契約者が現れたら、また一からミッションがスタートしてしまうのです。

そのことを知った哲平はひどく心を痛めます。

あの光景はユリバルツが最も辛いもののはず。

それを何度も繰り返すんなんて、自分だったら発狂してしまうだろう、と思います。

そして、自分も3年前のあの瞬間を何度も繰り返されたら・・・と過去の出来事を思い浮かべるのでした。

 

その時、社長が「柏崎さん、今からお話しすることをよくお聞きください」と改まった口調で言いました。

哲平が過去何度も辛い経験をしてきたこと、それも抗えないような出来事だったことを挙げ、シミュレーションしてみたのだと言い出しました。

そしてその結果、哲平の人生の不幸指数が信じられない程高いのだと教えてくれました

まるで誰かに操作されたようだ、と言う社長が言うと、哲平は当然驚きます。

社長は構わず言葉を続けました。

このカルマを解決する方法を探さないと、大変な目に遭うでしょう・・・。

異次元傭兵22話の感想&次回23話の考察予想

人生の不幸指数・・・こんなものがあったら嫌ですね!

哲平に過去何が起きたのか、詳細は明らかになっていませんが、今の状況を引き起こしていることは確かです。

哲平が3年前、と言っている事件とはいったい何なのでしょう!?

タマナビは哲平にとって救世主になるのか?それとも・・・。

これも気になります!

 

ユリバルツの魂を売った代償は、あまりに悲惨に感じました。

哲平は誰の命もなくすことなくクリアしたけど、次の契約者が上手くいかなかったら何度も同じ辛い光景を目にすることになるなんて・・・。

哲平が思うように、自分だったら耐えられない。

さて、哲平の人生を捜査している人?もの?の正体は!?次回明らかになるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『異次元傭兵』22話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『異次元傭兵』の話のネタバレはこちら

おすすめの記事