異次元傭兵ネタバレ

漫画異次元傭兵は原作GMHO先生、漫画BALLO先生の作品です。

 

哲平は巧みな話術で伯爵を説得することに成功しました。

ミッションクリア!喜ぶ哲平ですが、依頼主のユリバルツの様子が・・・!

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「異次元傭兵」の21話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

異次元傭兵の【21話】の考察予想

ゴジさん
異次元傭兵【21話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

ユリバルツは依頼したミッションをクリアされたのに、酷く嘆き悲しんでいるように見えます。

どういうことなのか・・・!?

ユリバルツのささやかな夢

哲平のミッションクリアまでの経緯を見たユリバルツは、なぜ自分にはできなかったのか後悔しているのでした。

そうすれば、仲間の命も失うことはなかったのに、と。

ユリバルツは、ただ平穏で皆が幸せに暮らす未来を夢見ていただけだったのです。

成功しちゃいけなかったの!?

ミッションクリアした哲平を、なぜかタマナビの女社長は喜んでいない様子。

このミッション、そして契約には何か裏があるのか!?

異次元傭兵【21話】ネタバレあらすじ

ユリバルツはうわぁぁぁーっと奇声を発して号泣しています。

慌てる哲平は必死になだめますが・・・。

ユリバルツは、どうして俺はできなかったんだ!!と悲痛な叫びをあげ続けました。

ユリバルツはこの依頼で哲平が誰一人として命を落とすことなくクリアしたのを見て、激しい後悔に苛まれているのでした。

 

気を取り直したユリバルツが、真面目に生きていればいつかは報われると思っていたけど、現実は厳しいな、と口にします。

そして哲平に、後悔だけの日々からやっと解放されると礼を述べ、自分の分まで幸せに生きてくれ、と言うのでした。

哲平は自分を責めるなとユリバルツに言います。

ユリバルツを信頼する仲間がいたからこそ、このミッションを成功させることができたと言って慰めました。

心の中で、ただ真面目すぎたのかも・・・もう少し周りのアドバイスに耳を傾けていれば、と思う哲平。

センパートにも同じことを言われていた、とユリバルツが言いました。

哲平、心を読まれていることを忘れていたようです。

 

哲平と自分の違いは「心」か、と納得したユリバルツ。

するとユリバルツは青く光る球を哲平に差し出します。

自分の魂の欠片・・・誇りだと言って、受け取って欲しいと。

もらってもどうしていいか分からない哲平ですが、ありがとう・・・と言って受け取ると!

閃光が走り景色が変わります。

 

眼下にはのどかな景色が広がっています。

白馬に乗った騎士らしき男が道を進んでいくと、「領主様」と農民たちが声をかけます。

彼の後ろから付いてくる馬車には女性の姿もありました。

領主様と呼ばれた男はユリバルツで、馬車に乗っている女性は彼の家族だと思う哲平。

するとユリバルツが、この世界は自分が魂を売って得た報酬だと言いました。

ミッションクリアまでずいぶん時間が経ってしまったが、哲平がやっとクリアしてくれた、と安堵の表情を浮かべるユリバルツ。

 

哲平は、目の前の光景が幻だと実感します。

そして、ユリバルツはただ、こうした穏やかな幸せを願っているだけだと分かった哲平は、失意のどん底に長いこといたユリバルツに同情し世の中の非情を痛感します。

君のような人がどうして魂を売ったりなんかしたんだ?と哲平が考えていると、哲平の心を読んだユリバルツが「僕も君に聞きたいよ」と言葉にしました。

人の心を動かすことができる君が、どうしてこんなところにいるんだ?と聞かれます。

いろいろ大変で・・・と哲平がごまかそうとしたとき、眩しい光が哲平を包みました。

今度はどこへ移動するんだ!?元の世界へ帰れるのか?と思う哲平。

 

その様子を観察していたタマナビの社長が「嘘でしょ」とモニターを叩きました。

哲平がこの依頼を成功させたことが信じられないと秘書に言います。

レベル1の哲平では到底クリアすることができなはず、失敗するようできているのに・・・。

哲平はボーナスステージも、エクストラステージもクリアしてしまったのです。

一体どうなっているの!?

社長は哲平のことを徹底的に調べるよう命じるのでした。

異次元傭兵21話の感想&次回22話の考察予想

哲平が見せられたユリバルツの夢の世界は、のどかで平和な小さな領地の領主となったユリバルツの姿でした。

富も権力も望んでいない、ただ穏やかな日々が欲しかったのですね。

レイルリッヒ伯爵との契約を達成出来たら、もしかしたらこうした未来を身近に思い描いていたのかな、と感じました。

世の無常、って感じですね。

 

ユリバルツが最後に哲平に「君こそどうして?」と言った言葉、哲平にも何か秘密がありそうです。

本人はまだ気づいていないようですけど。

 

タマナビの社長が、このミッションは失敗するはずだったという言葉はどういう意味なのでしょう?

これからの哲平に大きく関わってくることなのか、次回からのミッションにどう影響するのか、すごく気になりますね。

まとめ

今回は漫画『異次元傭兵』21話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『異次元傭兵』の22話のネタバレはこちら

おすすめの記事