ゴッド オブ ブラックフィールドネタバレ

漫画「ゴットオブブラックフィールド」は原作雲先生、漫画SIN先生の作品です。

 

学校でいじめられている4人の手助けをしてほしいというダエルの頼みごとを聞くとダエルに言う恭弥。

そして、いじめられている4人のクラスを1つずつ回り、全員を運動部の部室に集めました。

なぜか、そこには白井の姿が。

 

恭弥がクラスを回っている時に廊下で白井に会い、今まで学校に来ていなかった恭弥を泣きながら心配してついてきたようです。

全員が揃ったところで恭弥はこのメンバーで、運動部を作いたいと話したのです。

自分たちに声をかけた事の意味がわからないと言うように、何も言えない4人。

ダエルの計らいでひとまず出前を食べ始めました。

そんなみんなの姿を姫野がのぞき見をしていました。

恭弥に気づかれた姫野は逃げ去ります。

恭弥は姫野を追いかけてのぞき見していたかききますが、素直になれない姫野だったのです。

 

今回は「ゴットオブブラックフィールド」の18話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫「ゴッドオブブラックフィールド」前話をもういちど振り返りたい方はこちら

ゴットオブブラックフィールドの【18話】最新話の考察予想

ゴジさん
ゴットオブブラックフィールド【18話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

恭弥がいじめられている4人と運動部を作れるのでしょうか。

はじめは戸惑う4人ですが、白井の配慮もありおそらく4人とも運動部に入ると思います。

体力などないでしょうからかなり過酷に鍛えられていくのではないでしょうか。

ゴットオブブラックフィールド【18話】最新話ネタバレあらすじ

校庭で恭弥と体力作りをしている4人。

4人とも辛そうですが恭弥は笑顔でみんなを引っ張っていきます。

そしてまたもや、そんなみんなを遠くから見つめる姫野。

4人は校庭を走るだけで疲れていました。

そこへ笑顔で白井がドリンクを渡します。

終わったと思い安堵する門倉。

 

しかし、恭弥が本格的に運動を始めると言い出したのです。

今までの運動は準備運動だという恭弥。

青ざめる4人の部員たち。

運動部顧問のダエルと恭弥、そして4人の部員たちがチームに分かれてバレーボールを始めます。

恭弥の打った球を顔面で受け止めてしまう門倉。

ダエルがわざとやったのではないかと冗談ながら注意しました。

そんなダエルの挑発ともいえる言葉に、恭弥はそんなことはないと言い張ります。

そして本当に顔面を狙う事はどういうことが見せると、ダエルの挑発に乗りました。

お互い、半分笑顔の、半分本気な様子です。

そして、2人だけでボールの投げ合いを始めました。

お互いの事を知っている2人は楽しそうに、そして本気でボールを投げ合っていました。

笑いと共にボールがぶつかる音がこだまします。

完全に2人の世界です。

残された部員たちはただ、立ってその様子を青ざめた面持ちで眺めていました。

部活もおわり、ダエルと恭弥は今後の練習回数などを相談していました。

 

意を決意した姫野が運動部に入部すると恭弥に話しかけます。

恭弥は背後にいる部員たちの困惑とも恐怖ともいえる表情を感じとりました。

そして姫野にだめだと言うのです。

姫野も簡単には引き下がりません。

白井は3年でも入っているなら、自分も入れるはずだと。

しかし、恭弥は、白井は勉強ができるが姫野はできないと容赦ない言葉で姫野を去らせます。

学校の帰り道、白井は恭弥に姫野を運動部に入れてはどうか聞きますが、他の部員が怖がって雰囲気が悪くなるから無理とはっきり言います。

 

白井と別れたあと、恭弥の電話に知らない番号がかかってきました。

電話の相手は以前、フレンチのレストランであったミシェルでした。

恭弥はそっけなく要件を聞きます。

恭弥を誘うミシェルに自分は高校生だと言いますが、ミシェルは気にしません。

結局、土曜日に会う約束させられた恭弥。

家に戻ると、恭弥の顔をみた父親が慌てて携帯を切りました。

恭弥が電話の相手を聞きますが、父親は苦笑いをしながら会社の相手だと言うのでした。

部屋に戻った恭弥は父親が何かを隠していると感じます。

ゴットオブブラックフィールド18話の感想&次回19話の考察予想

運動部で、ダエルと恭弥のボールの投げ合いは、仲の良い2人という感じでした。

お互いを知っているから本気で投げ合いができるという感じが伝わってきました。

姫野の事はどうするのでしょう。

確固たる気持ちで行動している恭弥ですから姫野が入部できるとは思わないですが、かなり容赦ない言葉でした。

少し姫野がかわいそうになったりしました。

そして、次にはミシェルですね。

高校生でも気にせず、興味ある男には自分からアプローチする大胆さに、恭弥も何も言えないでいました。

最後にまた問題おきそうですね。

恭弥の父親の会社で。次から次へと展開があり目がはなせないです。

まとめ

今回は漫画『ゴットオブブラックフィールド』18話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回『ゴッドオブブラックフィールド』19話のネタバレはこちら