テムパル〜アイテムの力〜(ピッコマ漫画)ネタバレ1話~3話!グリード伝説の鍛冶職人に転職する!

漫画「テムパル~アイテムの力~」は原作Saenal先生、作画Team Argo先生 脚色Monohumbug先生の作品です。

 

テムパルはゲーム中毒者の訳あり鍛冶職人がアイテムの力で全世界ユーザー20億人「もう一つの地球」と呼ばれるバーチャルリアリティーゲーム<SATISFY>の頂点を目指す物語です。

しかし、ゲーム内課金で借金を持っており、その借金を返すために日雇い労働以外はほとんどの時間はゲームに費やす青年。

 

ある日、クエスト中にレジェンダリー級の転職書を手に入れ、売るはずがクエスト内で死んでしまうとそのアイテムが消えてしまうということで、自ら使うと選択しました。

そんな借金まみれでゲーム中毒者の主人公がゲームの頂点を目指します!

 

今回は「テムパル~アイテムの力~」1話~3話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介します。

テムパル~アイテムの力~1話~3話の考察予想

伝説の鍛冶職人の噂

全世界ユーザー20億人「もう一つの地球」と呼ばれるバーチャルリアリティーゲーム<SATISFY>そのゲーム内でとある噂が流れていました。

 

それは、他に類を見ないような伝説級の装備、武器を売りさばく鍛冶職人がいるそうで、その鍛冶職人はかなり金にがめついようです。

 

そんな鍛冶職人は普通の戦闘職のように一人で装備用の素材アイテムを揃えるのは難しいはずですが、その鍛冶職人は誰とも素材アイテムの取引をしてないようで、生産職の鍛冶職人が自分ひとりで素材アイテムを揃えているという噂が流れているようです。

とあるダンジョンで・・・

総合ランキング16位極剣それに付き従う上位ランカー8人とそのギルドの200人の精鋭がダンジョンボスが現れるのを待っていました。

 

そんな強い精鋭達を揃え、さらに、一ヶ月の準備期間を設け、金でアイテムを強化し、時間を掛けレベル上げに費やし戦力は上がったが、それでも、そのダンジョンボスを倒すことは難しい敵なようです。
ダンジョンボスをまっていると・・・

 

入り口からみすぼらしいマントを着た人物が出てくる。それと同時にダンジョンボスが登場し場は混乱状態になり、ダンジョンボスの一撃で、精鋭達は壊滅状態になってしまいました。
そんな中突然現れた人物は無傷で何事もないかのように平然とボス近くの壁まで行きとあるアイテム「つるはし」をだし採掘をはじめました。

 

そんな人物にダンジョンボスは攻撃を与えるが無傷で、極剣はなぜ無傷かと尋ねると、「テムパル」(アイテムの力で強くなること)だからと平然と言いのけ物語は始まります。

伝説のはじまり

ゲーム内には多くの未踏の地が存在し、その一つに<北の洞窟>ありとあらゆる武器が集まる空間にとある人物が到着しました。
その人物はキャラクター名「グリード」という主人公です。
その主人公が見つけたS級クエストアイテム<伝説の職人の奇書>というアイテムです。

 

このアイテムを見つけるまで、途中棄権も許されないS級クエストでここまで来るのに、たくさんのアイテムと課金によってたどり着く事ができた場所でだったようです。
そんな主人公が見つけたアイテムを鑑定してみると・・・

 

さらに、ゲーム内課金が必要で5万円が必要なようでしたが、ゲーム中毒者のグリードは躊躇いもなく課金をし、その正体を鑑定してみるとレジェンダリーアイテムの<ファグマの奇書>(鍛冶職人の匠ファグマの技術が集結された本)で本を開くとファグマの末裔に転職することができるアイテムでした。
アイテムを売ることができれば数千万の値打ちものになり、学費返済とゲーム代のために日雇いの肉体労働をやらずにすみ、ゲームに夢中になり、知り合いも友人も離れ、家族からも役立たずと見下されそんな日々を脱出出来と思い、早速ログアウトして売ろうとするも・・・

 

クエストが<アシュール伯爵の磯かな依頼(S)>が<アシュール伯爵の憤怒(SS)>に変更されログアウト不可になってしまいました。
さらに、大切な奇書が奪われたとされ、その伯爵の騎士たちが敵になり襲いかかってくる始末。

 

ログアウトもクエストクリアもアイテムの現金交換も不可で、このまま死んでしまうとせっかく手に入れたアイテムが消えてしまう可能性がでてしまいました。そんな残された選択は自分で使うことです。

 

その奇書を開き転職に成功するとたくさんのスキルを獲得しまし、転職も完了すると同時にすべての能力値とスキルが初期化され、レベルも1レベルになってしまい、騎士に最後は殺されてしまいキャラクターが死亡してしまいました。

運営チームの登場

運営チームに主人公グリードが転職したと情報があがり、その報告をSAグループ総師 兼 サティスファイ開発者の栄枝哲大に報告を行いました。
その主人公のキャラクター名「グリード」本名「長嶺巧」の特異事項として、1年物内だ一つの年に留まり続け名声を積んで3ヶ月の間200レベル地域で脂肪を繰り返しながらも何度もプレイを行い、ただ根性だけはすごいと言わせる主人公です。
そんな主人公に運営チームは特に足らない人物だと評価する中開発者の栄枝哲大は期待を膨らますのでした。

テムパル~アイテムの力~1話~3話の感想

将来的に最強に近く、その過程でどのように成長していくのか楽しみな展開でした。また、今回は運営サイドも出てきており、その開発者だけは主人公に注目する場面もあり今後どのように関わっていくのかも気になってきます。

次回は今回のレジェンダリーの転職で何を得て、どのように進んでいくのか今後の展開が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『テムパル~アイテムの力~』1~3話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『テムパル〜アイテムの力〜』の4話のネタバレはこちら

おすすめの記事