悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品です。

今回は「悪女は変化する」の26話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

レンとエルザは城を出て、領内のお店で買い物を楽しみました。エルザに惹かれている自分を自覚するレンですが、最初に二人で交わした「愛は期待しない」という約束を後悔します。

エルザもまた、自分の気持ちに蓋をして、レンの想いに気づかないフリをするのでした。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

悪女は変化するの【26話】の考察予想

ゴジさん
悪女は変化する【26話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

ロベリアの社交界では、リリエルについてよくない噂が聞かれるようになっていました。

変わらないリリエルと変わりつつある周りの評価

聖女リリエルの名は変わらないものの、チャリティーの失敗など上手くいかないことが目につき始めていました。

親友のプリッケは、リリエルは何も変わっていないのだと認識するものの、以前の様に輝いて見えないことも事実なのでした。

リリエルは身勝手な理想論者でしかなかった・・・?

エルザの心に芽生えたもの

エルザは友人を城に招く準備で、珍しくソワソワと落ち着きません。

それに、レンのことを考えるとドキドキしてしまう自分にも驚いているのでした。

悪女は変化する【26話】ネタバレあらすじ

エルザがアマリリスで着々と生活の基盤を固めている頃、ロベリアでは少なからず変化が起きていました。

ロベリアの社交場で、二人の令嬢がヒソヒソと噂話をしています。

チャリティーで問題が起きてメチャクチャになったと・・・。

みんな「あの方」のせいなのよ、と言葉を濁しますが、リリエルのことを言っているのでした。

今まで完璧だったのに、と不思議がる令嬢に、もう一人が「変化があったのはエルザが・・・」と言いかけた時、近くで聞き耳を立てていた一人の令嬢が食って掛かり、口げんかに発展してしまいました。

それをため息混じりに見ていた令嬢が仲裁に入ります。

リリエルは今も聖女として称えられてはいますが、またよくない噂も人々の口に上るようになっていました。

 

リリエルが街の社交場で煌びやかなネックレスを胸に当てています。

そこへプリッケと呼ばれた令嬢がリリエルに声をかけました。

カレス王子殿下に頂いたものね、とプリッケが言うと、リリエルはダンスパーティの招待状と一緒に届いたのだと答えました。

ドレスも選んでいるらしいけど、いつも派手なものを送ってくるから、こういうお金を貧しい人への支援に使ってほしいとリリエルは言います。

でも、プリッケは、リリエルはこうは言ってもプレゼントを断ったことはないじゃない、と心の中で思っていました。

 

クロッカス家の夫人の仕事についてプリッケが話し出します。

エルザがいなくなって負担が大きくて大変なのです。

てっきりリリエルが手伝っていると思ったプリッケですが、当のリリエルは断ったと平然と言います。

エルザは好きだからやっていた、家の仕事なんて誰でもできる仕事だとまで言い出します。

プリッケは、それは誰かがやらないといけない仕事で、公爵夫人は手伝って欲しい状況だと説明しますが、リリエルは聞く耳を持ちません。

そして、貴族のことを罵って、自分は貴族ではない、私の魂はいつも革命の真ん中にある、と悦に入って語りました。

あなたはいつもそう言う、とプリッケは呆れます。

その後も他の貴族令嬢を見た目だけで悪く言うリリエル。

 

プリッケはリリエルと分かれた後、初めて会った時のことを思い出していました。

男たちに絡まれ逃げているときに、リリエルに助けられたプリッケ。

リリエルは何も変わっていないのに、もうあの頃の様に輝いて見えない、と思います。

プリッケはリリエルと心の中で決別するのでした。

 

その頃、エルザはルイーザ達の到着を浮足立つ気持ちで待っていました。

来客用の部屋の準備は?食事の準備は?何度もリナたちに確認します。

エルザにしては珍しくソワソワしているのが見て取れるのでした。

 

エルザは初めてのことで緊張していました。

純粋に好意を持つ友人として誰かと付き合うのが初めてだし、ロベリアでは人に会うのは外が普通の事。

家に招待する習慣はなかったのです。

 

窓の外を見ながら、エルザはふとレンと宝石商に行った時のことを思い出しました

その時、応接間にレンの姿が。

エルザに近寄り、そっと頬に手を伸ばしました。

冷たくなっていることを確認して、ずっと窓際で待っているつもりですか?と尋ねます。

そう・・・ですね、と答えるエルザの様子が、普段と違うことを不思議そうな顔でレンが見つめます。

エルザは顔を赤らめて胸がドキドキ鳴って・・・。

宝石商に行ってから、レンを見るとおかしな気持ちになる・・・とエルザは戸惑うのでした。

悪女は変化する26話の感想&次回27話の考察予想

やっとエルザもレンへの気持ちに素直になりそう!?

小さいときから他人とは距離を感じて生きてきたエルザは、ルイーザ達との友達付き合いすら初めてです。

ドキドキするような恋心なんて、ほんとに初体験!

まぁ、お互い奥手なのでいきなり進展することは考えにくいですが、楽しみではありますね!

 

リリエルはほんとに変わってないですね。

貴族じゃない、革命の云々というセリフも、エルザがいてクロッカス家もイベントもスムーズに行っていたから、褒め称えられていたのでしょう。

今は単なる世間知らずのお嬢さんがきれいごとを並べているとしか見えません。

もう少し現実を見て成長して欲しいですね。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『悪女は変化する』の27話のネタバレはこちら

おすすめの記事