エボニーネタバレ

漫画「エボニー」は原作JAYA先生、漫画Neida先生,REDICE STUDUIO先生の作品です。

今回は「エボニー」の24話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

前回、ジャクソンの素性がきになっていたエボニーは、ジュローにそのことを聞きますが、はぐらかされてしまい、それは、エボニーが知らなくてもいい情報だと理解して、もうジャクソンのことを探るのはやめようと思います。

 

そしてエボニーは、ジリアンを、シュナイダー大公が用意した、高セキュリティで安全な、ランセンの最高級ホテルにしばらく泊まってもらうことにしました。

シュナイダー大公とジャクソンが部屋で迎える中、ジリアンは、自分が拉致監禁されそうだったこと、そしてレイブンがその男を処分したということを聞かされたのです。

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

エボニーの【24話】の考察予想

ゴジさん
エボニー【24話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

自分が拉致監禁されそうだったことを知ったジリアンは大丈夫?精神状態が心配

ジリアンは、自分が拉致監禁されそうだったことを聞き、ラストかなり動揺していましたね。

自分の知らないところで実はそのような計画があり、狙われていて、そして、仲間になったばかりのカラスの仮面をつけた女性(レイブン)がその男を処分したと聞いたら、怖くなりますよね。

 

自分はどれだけハイエナたちに狙われた危ない状況なのか、そして、レイブン達を裏切ったら自分も処分されかねないですし、不安だと思います。

なので、ジリアンの精神状態も心配なのですが、宴会ではシュナイダー大公が守ってくれるでしょうし、レイブンの心のあるサポートで、ジリアンはこのショックも乗り越えて強い女性になってくれると信じます。

エボニー【24話】ネタバレあらすじ

拉致監禁されそうだったことを聞いても、いまいち状況が呑み込めず、信じられないといった表情のジリアンでしたが、エボニーにそうだと言われると、恐怖とショックからか、ソファで気を失いそうになります。

そして、その犯人がカート・トレールだということを告げたのです。

 

そこでジリアンは自分の結婚を思い出しました。

親子ほど年の離れた相手との政略結婚で、最後まで男として愛することは出来なかったこと、そして、将軍もそうだっただろうということを。

 

そして、以前、マイスター将軍が、弟子が腕を一本失った事で、義手を作り、カートを心から心配していて、元気着けるために一緒に食事しようと言っていた優しい将軍を心から尊敬していたことを。

エボニーがカート・トレールが何を言っていてどんな作戦を立てていたか話すと、ジリアンは、まともな人間ならそんなひどいことをできるはずが無いと大泣きしながら信じようとしません。

しかし、シュナイダー大公は、ジリアンがこれから生きるのはこのように汚い世界で、これからジリアンにどんなことが起きてもおかしくないこと、そして自分の身を守る術を身に着けることを話します。

 

そう、ジリアンだけでなくエボニーも同様、もうお互い同情しあうことはありません。

何故なら、ジリアンはこれから強い女性に変わると、エボニーは確信しているのです。

 

そしてカートがまだ生きているということを聞くと、ジリアンは、カートを殺すようにシュナイダー大公に頼んだのです。

それはジリアンが殺人鬼になるということだが、本当にそれでいいのかと大公が聞くと、カートがしようとしていたことは私を社会的に殺すことで、そんな人生を送るくらいなら殺人鬼になるほうがいいと答えたのです。

 

シュナイダー大公は、カートの死を約束します。

そしてその報酬に、ジリアンがきちんと荘園を管理できるように財政部に行き教育を受ける事、そして、荘園にあるアカデミーをレイブンに譲ることを、とても優しい表情で要求したのです。

エボニ―24話の感想&次回25話の考察予想

まさかジリアンが、カールの死をお願いするとは思いもしなかったのでびっくりしました。

しかし、自分を拉致監禁しようとしていて、その上、性犯罪者のような気持ちの悪い思考回路の男性が生きていると思うとぞっとしますし許せないですよね。

自分も社会的に抹殺され、そして肉体的にも死ぬことになっただろうと考えると、確かに死を望む気持ちもわかりますがそれでもやはり驚きました。

ジリアンがカート・トレールの死を依頼するまでは、てっきり、解放してあげてなど間抜けなことを言うキャラなのかなと思っていた自分が情けないです。

そして、ジリアンはマイスター将軍を愛していたのかなと思っていたので、異性として愛せなかったということには驚きましたが、あれだけ年の差があれば、やはり普通に無理ですよね。

次回気になるのはやはり、荘園のアカデミーをレイブンに譲ってほしいという要求への返答ですね。

これは間違いなく受けると思います。

元々、カートを殺すなら、命以外なら何でもシュナイダー大公にお礼をすると誓ったジリアンです。

最悪の場合荘園を手放さないといけないと覚悟していたようなので、アカデミーだけをレイブンにということなら、夫人もそこまで痛手もないですし、勿論答えはイエスでしょう。

まとめ

今回は漫画『エボニ―』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事