公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品です。

 

クロエはアルフォンスの壮絶な子供時代をメイソン夫人から聞かされ、自分のことの様に心を痛めました。

アルフォンスは、丸ごとの自分を受け入れ、その上ですべてが美しいのです、と言ったクロエに、クロエが妻で良かったと心から思うのでした。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」の32話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

公爵夫人の50のお茶レシピの【32話】の考察予想

ゴジさん
公爵夫人の50のお茶レシピ【32話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

メイソン夫人が屋敷を後にし、夫婦二人のお茶の時間が戻ってきました。

そこで、アルフォンスから提案が・・・。

二人のティールーム

普段は応接室でお茶の時間を過ごしているアルフォンスとクロエ。

アルフォンスが、ここでは不便だから倉庫を改装してティールームにしてはどうかと言ってきます。

アルフォンスからのバースデープレゼント

新規事業の店舗が完成し、いよいよ開店準備も大詰めとなってきました。

私たちの店がオープンするのも間近ですねとう言うクロエに、「あなたの店です」と答えるアルフォンス。

この店はクロエへのバースデープレゼントだったのです。

公爵夫人の50のお茶レシピ【32話】ネタバレあらすじ

滞在期間を終え、メイソン夫人が公爵家を出立する日がやってきました。

アルフォンスとクロエは夫人を見送ります。アルフォンスと夫人がハグをして別れの挨拶をしました。

 

そして、夫人はクロエに歩み寄り、ギュッと強く抱きしめ礼を言うと、あなたはグーテンベルクの良き女主人になるわと最高の賛辞を述べるのでした。

 

馬車の中で、夫人はアルフォンスとクロエのことを考えます。

過去、アルフォンスの外見や地位に目がくらんで恋に落ちた女たちや、生い立ちを知って同情からすり寄ってくる人たちを見てきた夫人。

 

ただ、クロエだけは過去を知っても態度を変えることなく、ありのままのアルフォンスを見ているのだと夫人は思いました。

アルフォンスは素晴らしい妻に出会った、と肩の荷を下ろす夫人でした。

 

アルフォンスとクロエが日課のお茶の時間を過ごしていました。

すると突然アルフォンスがここでお茶をするのは不便ではないかと聞いてきます。

倉庫が遠すぎるのではと懸念しているのでした。クロエも同意します。

 

アルフォンスが、倉庫をティールームに改装することを提案します。

簡易なキッチンも作れば、わざわざ調理場まで行く必要もなくなる、とも言ってくれました。

 

クロエの目が輝きます。

その光景を思い浮かべ、クロエはそうしていただけたら本当に嬉しいです!と答えます。

 

そして、なぜ私のためにそこまで・・・と口にすると、アルフォンスはクロエのためだけではないと言いました。

すぐに設計を始めようと言うアルフォンスに、クロエがカップとポットを制作注文してほしいとお願いをします。

 

今あるものはすべて外国製で、この国の人たちには使いずらいと感じていたからです。

アルフォンスは快く承諾します。

 

クロエが礼を言って、私だけのティールームができるなんてすごく嬉しいです、と言うと、アルフォンスが「私たちの」ティールームということにしておきましょうと・・・。

クロエは照れて顔が赤くなるのでした。

 

クロエの発案した事業の店舗が完成しました。従業員を雇用したり、店内のインテリアを整えたり準備に奔走するクロエ。

しかしクロエが懸念した通り、店舗が大きすぎたため、2階は倉庫として使うことになります。

 

アルフォンスが店の名義決定の権利をクロエに譲りましたが、その理由はクロエへの誕生日プレゼントだったのです。

そのことを聞かされたクロエは、嬉しさのあまり思わずアルフォンスに抱きつくのでした。

 

公爵邸の使用人の間では、この事業に関する意見が交錯していました。

クロエの変化を認めはするものの、事業までは無理だと言う者、クロエの才覚を高く評価する者、様々です。

 

そんな中、『その日』を迎えるクロエ。

それは、事業ではなく・・・夫婦の営みです。楓がクロエとなってから初めての・・・。

 

入浴を手伝う侍女も、いつもより気合が入っている気がするクロエ。

アルフォンスが、耳元で「私が行きます」とささやいた言葉を思い出し、「どうしよう」と動揺するクロエでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ32話の感想&次回33話の考察予想

メイソン夫人は本当にクロエを気に入ったんですね。

というより、感謝すらしているように思えます。

それだけ、アルフォンスに愛する愛情が深いのでしょう。

冷徹と言われ、相変わらず感情を表さないアルフォンスですが、物事を素直に受け止めるという面は、夫人のおかげなのかもしれません。

 

店舗はサプライズプレゼントでした!

この世界に来て、楓の夢が叶ったのです。心底嬉しかったのでしょう。

アルフォンスに抱きついてしまったほどですから。

 

今、クロエは公爵邸の中でも注目の的です。

使用人のうわさ話があれこれ飛び交うのも納得です。

 

これから、事業主としてのクロエの腕が試されるわけですが・・・

その前に公爵夫人としての大役が待っています!

アルフォンスのことを一人の男性としても意識しだしたクロエ。

初夜とも言える夜がやってきました!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事