エボニーネタバレ

漫画「エボニー」は原作JAYA先生、漫画Neida先生,REDICE STUDUIO先生の作品です。

今回は「エボニー」の22話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

エボニーの【22話】の考察予想

ゴジさん
エボニー【22話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

前回、レイブンは、故・マイスター将軍の恩を仇で返そうとしているカート・トレールに対し、一瞬は怖いと思ったものの、クズは人間ではないから怖がる必要がないと言い聞かせ、強い態度で交渉しに行きます。

なんと、カートが飲んでいるワインボトルを割り、その上、マーカス・シェドルがカートを始末するだろうということ、命が惜しければお金を渡すからマイスターゲームが終わるまでこの街から出るよう忠告しました。

 

しかしもちろん、いきなり現れた変な仮面をかぶったレイブンのいうことを聞くわけもなく、レイブンを刀で刺そうとします。

その時、なんと、運転手がエボニーを守り、カートの腕をへし折り、そして、最後に、交渉決裂のため、次の作戦に移るということで、もう一度力強く殴ったのです。

カート・トレールを殴った運転手ジャクソン!次の作戦とは?

前回、驚きの強さでエボニーを助け、カートをボコボコにしたジャクソン(運転手)でしたが、その時、レイブンと話していた、次の作戦とは一体何でしょうか?

レイブンとシュナイダー大公のことですから、殺しはしないと思うので、このまま監禁でもして、そして街から出て行ってもらうか、もしくは、シュナイダー大公とエボニーの駒としてうごくように指示されるのではないかな?と思います。

 

カート・トレールは短気な男性なので油断できませんが、自分より強い運転手、そしてさらに強いであろうシュナイダー大公を前にしたら、命がなくなると思い、シュナイダー大公の指示に従うのではないかなと思います。

あくまで個人的願望を含めた予想ですが、レイブンたちの強さにひれ伏し、駒となって動いてほしいですね。

エボニー【22話】ネタバレあらすじ

ジャクソンとエボニーは、カート・トレールをジャクソンが所有している宿に連れていきます。

気を失っているカートを、ジャクソンはバケツの冷水の水で起こし、お前の知ってることを全て吐けと、威圧します。

マーカス・シェドルの企みを聞い詰めると、カートは、ジリアン・マイスターに偶然を装い何度か会い、慰めてやるように指示されたと暴露しました。

 

もしそれでもジリアン・マイスターが気を緩めなかった場合は、ジリアンを拉致するつもりだったようなのです。

それを知ったエボニーは、怒りながらカートに、ジリアンのスキャンダルを作り、その報酬で海外へ逃亡する予定だったのか聞きますが、なんとそれをカートは、ジリアンのことは責任をとるつもりだったといいはなったのです。

 

ジリアンが女一人で荘園を守るのはとにかく無理だし、ジリアンだって初めは嫌がるかもしれないが、何度も体を交わせれば最後は俺に感謝すると言い、マイスター将軍のことを侮辱までしたのです。

 

俺は元気だし、子供ができたら、、などとふざけたことを話し続け、レイブンが怒りに震えキレそうになった時、ジャクソンは、レイブンに目をつぶるように言います。

そして、カートを酷く暴行したのです。

 

命乞いするカートに対し、レイブンは、カートを死ぬまで監禁するように命じます。

そして、ナイフを持ったジャクソンが近づき、ジャクソンは、しゃがんでギリギリはいれるサイズの樽に入れられたのです。

 

レイブンがジリアン鄭に行くと、その顔には、また誰かに暴行された跡がありました。

そして、今すぐこの邸宅を出る準備をするように言ったのです。

エボニー22話の感想&次回23話の考察予想

ジャクソン、宿まで所有しているんですね。

ジャクソンが今回もかっこよくて、どんどんジャクソンファンになりつつあります。(笑)

しかしカートは、想像以上にくずでしたね。

 

最初、計画を話し、ジリアンの責任はとるつもりだと言ったときには、ジリアンと結婚するつもりなのか?とか、実は責任感がありいい人なのか?とか、一瞬でも考えた自分をなぐりたくなりました。

体を交わらせているうちに気が変わるだとか情が移るとか、何妄想めいたこと言っているんですかこの人?

完全にストーカーとかレイプ犯とか、性犯罪者と同じ思考じゃないですか!!

こんないかれた考え方する男性ってホントにいるんですね、気持ち悪いし頭にきて仕方がありません。

 

普通に、拉致監禁して無理やり体の関係を持った男性なんて一生情も移らなければ殺したい存在であり、そんな生活したら、ストレスでジリアン自殺してしまいますよ!

あまりの不快感に、レイブン同様怒りで震えましたが、ここでまたジャクソンがボコボコにしてくれて、本当に前回からジャクソン素敵すぎます。

ジャクソンは同じ男として、そんな考えを許せなかったんですよね。

そして、私の予想と反し、シュナイダー大公は出てきませんでした。

カートなんて、シュナイダー大公が出てくる価値もないおとこだったのでしょう。

そして、突然家を出る準備をしてと、ジリアンに言い放ったエボニーですが、これは、ジリアンも同じくシュナイダー城に住むことを意味しているのではないかなと思います。

エボニー、回を重ねるごとに面白くなってきて、ますます目が離せません。

まとめ

今回は漫画『エボニー』22話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

おすすめの記事