韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ33話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

『公爵夫人の50のお茶レシピ』33話【原作】韓国版のあらすじとネタバレ

とうとうやってきた後継者づくりの日。

アルフォンスと部屋に2人きりで向かい合いながら、クロエはドキドキする心を抑えきれずにいます。

 

緊張するクロエを微笑ましく、そしてどこか余裕のある表情で見つめるアルフォンス。

ベッドでキスをしながら、クロエはこれがアルフォンスとのファーストキスだということを実感するのでした。

 

翌朝、クロエはアルフォンスの腕の中で目覚めました。

 

クロエのあまりの愛らしさに朝からもう一回戦を目論むアルフォンスでしたが、結婚前の契約書に「夜を共にするのは1か月に1日のみ」と書いてあったことを思い出し、諦めます。

 

そんな中、クロエは身体中が痛くて起き上がることもできないことに気が付き、アルフォンスにお医者様を呼んでもらいます。

急な運動で身体に無理がかかっただけ、とお医者様に薬を処方してもらったクロエ。

 

クロエが「お医者様を呼ぶほどの無理をした」ことは瞬く間に使用人たちのあいだで話題になり、公爵夫婦の関係性に大きな変化があったことを知ったのでした。

 

そして、ついにクロエのティールームが完成しました。

 

完成を祝って集まった人々に、初のお茶を振る舞うクロエ。

しかし、クロエが運んできたのはティーカップではなくコーヒーカップのような茶器でした。

初めて見る形のカップで一体どんなお茶を淹れるというのでしょうか。

アルフォンスをはじめ、皆が不思議そうに見つめます。

 

クロエが皆に振る舞いたかったのは、クロエが好きな「ミルクティ」でした。

紅茶にミルクを混ぜた見慣れない飲み物に驚きを隠せない人々。

特に戸惑うアルフォンスでしたが、誰より信頼しているクロエのために一口目を口にします。

そして人々はその香り高く甘い、初めて味わうミルクティに夢中になるのでした。

 

さらに、ミルクティの味に感銘を受けたアルフォンスはクロエに驚きの提案をします。

思いがけないアルフォンスの提案に真意を確かめるクロエ。

しかしアルフォンスはクロエを見つめ、本気だと言うのでした。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』33話の読んでみた感想

クロエとアルフォンスが心も身体も通じ合ったのがわかる一話でした。

ふたりの心の距離がぐっと縮まったことがわかり、ほっこりしました。

さらにミルクティを飲んだアルフォンスから発された驚きの提案!

できたばかりのティールームがどのように進展していくのか、次回が楽しみですね!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』33話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫≫日本語版のネタバレはこちら

≫≫≫無料で原作&先読みする方法

 

おすすめの記事