悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品です。

今回は「悪女は変化する」の6話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

 

ウィンターナイト城での初日、エルザネスは侍女たちにも好意を持たれ順調に新生活をスタートさせます。

その日の晩餐、大公とも和やかに食事を楽しみますが、その席でお互いこの結婚には愛は期待しない、ということを確認しあうのでした。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

悪女は変化するの【6話】の考察予想

ゴジさん
悪女は変化する【6話】のネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

アマリリス二日目。

エルザネスは執事のルアンに案内され、邸内を見て回ります。

自分のために用意された執務室などどれも素晴らしく、エルザネスは感謝します。

ところが、エルザネスは他に見たい場所があると言って・・・。

平和なアマリリスの町に不穏な輩!?

エルザネスが見たいと言った場所はアマリリスの町でした。

街中は賑わっていて、平和であることが感じられます。

ところが、商人が仲買人らしき男と揉めている場面に出くわします。

ブロンドの怪力女性騎士・・・!?

仲買人が法外の値段で商品を売ろうとしているのでした。

その商品が、母国であるロベリアの特産で、その仲買人が弱みに付け込んで暴利をむさぼっていることを知ります。

商人に助け舟を出したエルザネスですが、怒った仲買人の用心棒に乱暴されそうになります。

そのとき、男を投げ飛ばしたのは騎士と思われるブロンドの女性でした。

悪女は変化する【6話】ネタバレあらすじ

エルザネスはお茶を飲みながら、昨日の晩餐のことを思い出していました。

エルザネスは、愛なんて信じないけれど、嫁いだ者として最善をつくすと決めていたのですが、大公もまた同じだったのです。

 

そのとき、執事がやってきて今日の予定を聞きます。

何をしていいかわからないとエルザネスが答えると、屋敷を見て回ったらどうかと言われ、案内をしてもらうことにしました。

たくさんの蔵書を取り揃えた図書室、日当たりの良い庭園、広々とした執務室・・・。

どれも素晴らしいもので、エルザネスは感謝の言葉を伝えます。

 

ルアン、とエルザネスが執事に声をかけ、行ってみたい所があると言いました。

エルザネスが行きたい場所、それはアマリリスの町でした。

護衛も付けずに町に出るなんて危険だとルアンはと止めますが、「心配しないでください。私が守ってあげますから」とエルザネスは平然と言うのでした。

 

アマリリスの町は平和で賑わっていて、領主であるルカルエンが気を配っていることが感じられる風景でした。

そんな中、男たちの言い争う声を耳にするエルザネス。

取引のことでも揉めているようでした。

どうやら仲買人が法外の値段で商品を売りつけて、商人が困っているようです。

 

騒動を聞きつけて回りに人が集まってきました。

エルザネスもその中に混ざって話の内容を聞いていると、仲買人がいう卸値はあまりにも暴利です。

エルザネスは件の商品が、ロベリア特産の香料であることを知ります。

このところの大雪のせいで南方からの商人がアマリリスでの商売を諦めている中、輸送手段を持っている商人が法外の値段で売りつけているのだとルアンがエルザネスに耳打ちしました。

 

そこでエルザネスは、城にある分を正当な値段で売ると商人に提案します

ウィンターナイト城には、エルザネスのためにたくさん仕入れていたのです。

もちろん商人は飛びつきます。

 

商売を邪魔されたと怒鳴る仲買人に、エルザネスはロベリアの卸元の名前を出します。

なんでそんなことを知っているんだと息巻く仲買人たちに、エルザネスは「そんなこと知らなくていい。この地域ではもう商売できなくなるということだけ分かっていれば」と言い放ちます。

用心棒らしき体格の良い男たちがエルザネスに手を上げようと構えました。

止めようとするルアンを制して、エルザネスは結局力づくでやるしかないのか・・・と思います。

男がエルザネスに手を振り上げたその時、誰かが男の腕をガシッと掴みました。

その腕を捻り上げ、思い切り男を投げ飛ばしました。

余裕の表情で立っていたのは、きれいなブロンドの髪を縛り上げた女性騎士・・・?

悪女は変化する6話の感想&次回7話の考察予想

ルカルエンが自分と同じように愛なんて信じない、と思っていることを知ったエルザネスは、ちょっと複雑な気持ちになったように思えたのですが。

それとも、ホッとした?

今まで家族でさえも、本当の自分の気持ちを理解してくれなかったと感じているエルザネスにとって、ルカルエンはどのように映ったのでしょう?

 

でも、エルザネスは自分の気持ちとか感情より、やるべきことを優先する女性ですから、アマリリスでも自分のできることに最善を尽くそうと思っているのですね。

その第一歩が、アマリリスの町、人々の生活を見ること!

活気があって、領主であるルカルエンが有能なことを悟ったエルザネスですが、さっそく、揉め事に遭遇しちゃいました。

相手が引かないので、力=破壊の魔法を使うのかな、と思ったところで思わぬ助っ人が入りましたね。

あのブロンドの騎士(?)は一体誰なのでしょう?

強いのはよく分かりましたけど。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『悪女は変化する』7話のネタバレはこちら

おすすめの記事