公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ
ピッコマで配信中の漫画小説『公爵家のメイドに憑依しました』のネタバレ全話一覧ページです。

 

こちらのページを上から下まで読んでいただくことで、最新話から最終回まで『公爵家のメイドに憑依しました』全話のネタバレ内容が網羅できちゃいますよ♪また完結まで、しっかりと追っていきますので、気になる人はぜひブックマークしておいてくださいね。

今すぐ漫画で読みたい人はピッコマで読めます!

『公爵家のメイドに憑依しました』の主な登場人物

登場人物名 登場人物の特徴
真紀(イベリナ) とある小説の読者。推しキャラリアンドロの不幸な人生に不満を感じていたら、ある日突然、小説の中のモブキャラのメイド、イベリナに憑依していた。以来ベラビティ家のメイドとして働いていく。
ベラビティ家の鬼子リアンドロの世話係に抜擢されて、彼の孤独な心に寄り添っていく。
リアンドロ 小説のサブキャラクター。ベラビティ公爵夫妻の一人息子。
幼少期から両親の愛を受けられず孤独な人生を送っている。その上、ある日左半身に発症した呪詛に苦しめられている。
周りの大人からは不気味がられ、親には鬼子として扱われているため、心が荒んでしまっている。
イベリナと出会ったことにより少しずつ心をひらいていくことになる。
イレナ夫人 イベリナが仕えるベラビティ家のメイド長。リアンドロのことを気にかけている。
彼の世話係が何人もやめてしまっていることに悩み、イベリナを世話係に抜擢する。
ロレンゾ リアンドロたちが暮らす別館ではなく、ベラビティ公爵夫妻の暮らす本館で働く従者。
イベリナに好意を持っている。リアンドロのことを心配する純朴な好青年。
ベラビティ公爵 リアンドロの父。息子のことを跡継ぎとしか考えておらず突き放して育てている。
ベラビティ夫人 リアンドロの母。政略結婚でベラビティ家に嫁いだため、公爵への愛情は皆無。
またリアンドロへの愛情もなかった上、呪いの発現により化け物扱いしている。

『公爵家のメイドに憑依しました』のネタバレ&感想全話まとめ一覧

ゴジさん
お好きな話数を選んでクリックすると、該当話数の詳細なネタバレと感想が読めるガオ♪
気になるところを読んでみてガオ!
「公爵家のメイドに憑依しました」ネタバレ一覧
第1話 第2話 第3話
第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話
第10話 第11話 第12話
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話
第19話 第20話 第21話
第22話 第23話 第24話
第25話 第26話 第27話
第28話 第29話 第30話
第31話 第32話 第33話
第34話 第35話 第36話
第37話 第38話 第39話
第40話 第41話 第42話
第43話 第44話 第45話

10月24日更新!

『公爵家のメイドに憑依しました』1話ネタバレ

主人公真紀は好きな小説の推しキャラ、リアンドロの不幸な人生に全く納得できませんでした。

何度も理不尽な目に遭い、最後には処刑されてしまうキャラでした。

こんなにひどい目に合わせるなら何故登場させたのか、作者の思惑が全く理解できなかったのです。

ある夜、真紀がリアンドロに同情して涙を流しながら眠り、翌朝目を覚ますと・・・。

なんと真紀は小説世界でベラビティ家に仕えるメイド、イベリナに憑依していました!

『公爵家のメイドに憑依しました』2話ネタバレ

何故小説の世界に来れたのか全く理解できないイベリナ。

しかし仲間のメイド、マリアとの会話で、自分いるのがリアンドロ13歳の頃の世界だということがわかりました。

小説から、マリアの盗み癖があることを知っていたイベリナは機転を利かせてリアンドロから遠ざけます。

マリアが去った後、突然響く鈴の音。リアンドロがメイドを呼ぶ音です。

そこにはイベリナしかいなかったので、思わず部屋へと入ってしまいます。

イベリナは呪いに苦しむ少年リアンドロと初対面をするのです。

『公爵家のメイドに憑依しました』3話ネタバレ

イベリナはリアンドロの手助けをしようとしますが、彼は触れられるのを頑なに拒否してきます。

リアンドロは自分の呪いが人に伝染るものだという噂を信じていたのです。

イベリナはそれが全くのでたらめであることを知っています。

平気で自分に触れてくれるイベリナに徐々に心を許していくリアンドロ。

ずっと孤独だった少年ははじめて人の温かみを知ることになるのです。

『公爵家のメイドに憑依しました』4話ネタバレ・〜孤独な少年リアンドロの冷たい日常〜

リアンドロは自分の呪いが周りに伝染ることを恐れて、人から触れられるのを恐れていました。

周りの大人も彼の体に現れた不気味な呪詛を恐れて、両親ですら近づこうとしません。

リアンドロの入浴を手伝う最中、そんな心を閉ざした彼の孤独に触れ、せめて自分が身の回りのお世話ぐらいはしてあげようと決意するのでした。

≫≫≫第4話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』5話ネタバレ・誰かのお世話を受け入れ始めるリアンドロ

真紀がイべリナに憑依した次の日も彼女はリアンドロの世話に向かいました。

誰も寄りたつかなかったリアンドロの部屋にはホコリが溜まっている上、布団も少しかび臭いです。

早速掃除をして、布団を干し始めるイベリナ。

今までずっと一人ぼっちだったリアンドロは、そんな他人の存在を鬱陶しく感じますがどこか心地よくも感じます。

≫≫≫第5話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』6話ネタバレ・〜てんやわんやのメイド生活を送るイベリナ〜

推しキャラのリアンドロの孤独を少しでも解きほぐすために、せめて自分が身の回りの世話をしようと決意したイベリナ。

彼女が仕えるベラビティ家のメイドたちはご主人夫婦の不仲もあり、毎日家事で大忙しでした。

イベリナも仕事に追われ、なかなかリアンドロのもとへ行くことが出来ません。

そんな時イベリナは、メイド長のイレナ夫人より直々にリアンドロの専属メイドの任命されるという嬉しい展開に見舞われます!

≫≫≫第6話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』7話ネタバレ・なんと!イベリナが呪いを解く鍵!?

これまで孤独に生きてきたリアンドロにとってイベリナのようにざっくばらんに接してくれる人は初めての友達と呼べる存在。

リアンドロはなかなか素直になりませんが、確実にイベリナのことを受け入れてきていました。

そんな中、調子が悪いというリアンドロの熱をみようとイベリナが彼の頬に手を触れると、呪いで衰えているはずのリアンドロの視力が少し回復してしまうのです。

≫≫≫第7話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』8話ネタバレ・〜イベリナの力でリアンドロ完治!?〜

イベリナに触れられると何故か視力が回復したことに驚いたリアンドロはイベリナを部屋から追い出しまいます。

落ち込むイベリナでしたが、夕方にはリアンドロが自分を呼ぶ鈴を鳴らすのを聴き、喜んで彼の部屋へと入っていきました。

しかし部屋ではリアンドロが高熱でうなされていたのです。

必死に看病し、リアンドロが眠るのを見届けると、イベリナは自分の部屋へと戻っていき眠りにつくのでした。

成長したリアンドロとひまわり畑で出会うという奇妙な夢の途中、誰かの悲鳴を聞いて目を覚ましたイベリナは急いで大広間へと向かいます。

≫≫≫第8話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』9話ネタバレ・〜リアンドロと両親の確執〜

アンナの盗難騒動で初めてリアンドロの両親を見たイベリナは、彼らが息子にとる冷酷な態度に驚きます。

母はイレナ夫人へアンナを首にするよう言ってすぐに去ってしまい、父は「当主になる男がこんな些細なことで騒ぐんじゃない」」と叱りつけるのです。

両親の我が子に接する時とは思えない態度に、イベリナは怒りを募らせるのでした。

翌日、主治医による診察で確かに呪いの力が弱まっていると診断を受けたリアンドロ。

憎まれ口を叩くリアンドロを見て、主治医は「そんなことを言えるほど元気なら、わたしが思っているよりも体調が回復しているかもしれないね」とリアンドロを安心させます。

しかし横で聞いていたイベリナの心中は穏やかではありませんでした。

≫≫≫第9話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』10話ネタバレ・〜リアンドロの心に募るイベリナへの想い〜

イベリナがいる生活にすっかり慣れて、リアンドロは心を開き始めました。

リアンドロは夢の中で今までの寂しい人生、人から向けられてきた恐れと蔑みの視線を思い出します。

そんな中現れたイベリナという奇妙なメイドの存在は自分にとって唯一、温かさを感じさせてくれる人でした。

彼女によって自分の人生が変わったと夢の中で思っていましたが、目覚めると彼女はいません。

イベリナは二日間の休暇に入ってしまったのです。

≫≫≫第10話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』11話ネタバレ・〜表情豊かなリアンドロに胸キュン必至!〜

イベリナが休暇を終えてリアンドロのもとへ戻ってくると、リアンドロはイベリナへ甘えてくるようになっていました。

素直な彼の姿は可愛らしく、イベリナは戸惑いながらもリアンドロの変化を喜びます。

リアンドロに、休暇中何をしていたのか尋ねられたイベリナはずっと彼のことを考えていたと答えます。

するとリアンドロは自分もイベリナのことだけ考えていたというのです。

その時彼の目は呪いで曇ることなく、澄んだ青色に変わっていました。

≫≫≫第11話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』12話ネタバレ・〜愛を恐れるリアンドロ、解きほぐしていくイベリナ〜

青く美しい瞳を取り戻したリアンドロでしたが、イベリナの持ってきた鏡を目にするとトラウマがぶり返して急に不安になってしまいます。(イベリナも他のメイドと同じように自分のもとを去ってしまうのではないか・・・?)

しかしリアンドロを醜いとは微塵も思っていないイベリナは不安げな彼に信じてくれと詰め寄るのです。

困ったリアンドロは初めて面と向かってイベリナの名前を漏らします。

感激したイベリナ、そしてたったそれだけで喜ぶ彼女に驚くリアンドロ。

イベリナは再度ずっと一緒にいることを約束し、二人の仲はさらに深まっていくのです。

≫≫≫第12話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』13話ネタバレ・〜届くイベリナの思い!変わりつつある展開〜

真紀の読んでいた小説の通り、体調が悪化するリアンドロ。

青く輝いていた瞳は再び曇っていき、連日高熱を出す状態になっていました。

それでもリンドロは心配そうなイベリナを安心させようと笑顔を見せようとします。

イベリナはリアンドロの呪いはその先4年間ずっと悪化し続けることを知っているがため、健気な様子に張り裂けそうな思いを抱いていました。

彼女にできることはずっと一緒にいて、手を握ってやることしかないのです。

≫≫≫第13話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』14話ネタバレ・〜イベリナを見つめる謎のイケメンは誰!?〜

リアンドロが回復したため、庭園への散歩をするイベリナとリアンドロ。

久しぶりにくっきり見える世界、そして久しぶりの外出にリアンドロは新鮮な気持ちではしゃぎます。

リアンドロの元気な姿を見て、イベリナの不安な気持ちは吹き飛んでいきます。

二人はベラビティ家の伝統的なバラ園を歩きます。

そこは4年後リアンドロがエレオノラに愛の告白をすることになる場所なのです。

≫≫≫第14話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』15話ネタバレ・〜リアンドロに思春期到来!?〜

イベリナに惹かれていくリアンドロ。

リアンドロも気づかぬうちに彼女を見る目が変わっていきます。

イベリナを女性として意識するようになってきたのです。

今までのようにお世話を受けたり、庇護される立場でいることに抵抗感を示し、逆にイベリナを守ろうとする素振りを見せ始めます。

そんなことには気づかぬイベリナに、リアンドロ自分でも理由のわからぬいらだちを覚えてしまうのです。

≫≫≫第15話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』16話ネタバレ・ロレンゾはわんこ系男子!?

ずっとリアンドロに付きっきりだったため、イベリナは本館で働く人のことをあまり良く知りません。

そんな中初めて会う本館の使用人ロレンゾは、考えていることが顔に現れやすく、親切そうな人でした。

イベリナと話をしたそうなロレンゾでしたが、リアンドロを待たせているイベリナは急いで部屋に戻ってしまいます。

部屋ではイベリナを待って少し怒り気味のリアンドロ。

ですがイベリナの笑顔を見るとすっかり機嫌を直してしまいます。

イベリナが食堂のおばちゃんからプリンをもらったことを幸せそうな顔で話すのを見て、リアンドロは自分のプリンも食べるように言うのです。

≫≫≫第16話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』17話ネタバレ・〜俺だけのそばにいてくれ!リアンドロの心の声〜

ロレンゾと再び出くわしたイベリナ。

二人は親しげになんでもない会話をしていたのですが、折り悪くそこにリアンドロがやって来てしまいます。

そしてイベリナが他の男と話しているのが気に入らず怒ってしまうのです。

ロレンゾにサボってない働けと叱りつけ、追い払ってしまうと、イベリナにも詰め寄ります。

お互いに名前を呼び合う親しげな雰囲気を問い詰めますが、イベリナは軽く流して仕事に戻ってしまいました。

≫≫≫第17話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』18話ネタバレ・リアンドロご乱心?嫉妬で解雇!?

ロレンゾとイベリナが仲良く喋っているところを見て嫉妬心を燃やすリアンドロ。

自分の部屋に戻ってきたイベリナにわがままを言い続け、困らせてしまいます。

その姿は駄々をこねる子供のよう。

しまいにはロレンゾをクビにしろなどと言い出す始末で手に負えません。

≫≫≫第18話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』19話ネタバレ・〜リアンドロに現れる最悪の兆候〜

リアンドロの癇癪が止まらず、イベリナには対処しきれません。

イベリナを独占したい思いでいっぱいになり、リアンドロはロレンゾに憎しみや嫉妬心を抱いてしまったのです。

自分でもわけのわからない感情に振り回されて、リアンドロは駄々をこね続けます。

しまいには泣き出して、イベリナを部屋から追い出してしまうのでした。

≫≫≫第19話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』20話ネタバレ・〜苦しむリアンドロ、奇跡を起こすイベリナ〜

リアンドロが迎える理不尽な人生をイベリナは回想する。

関係の冷え切った両親のもとに生まれ、幼少期から寂しい思いをしてきたこと。

本来皇位継承者のディエゴへと向けられるはずであった呪いの身代わりにされ、今なお苦しんでいること。

この先、初恋の相手エレオノラもディエゴに取られてしまうことになる。

彼の不運な人生に自分は付き添うことしか出来ないのです。

≫≫≫第20話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』21話ネタバレ・〜イベリナの夢のような瞬間〜

イベリナの起こした軌跡により呪いを克服したリアンドロ。

その姿を見ながら夢を見ているんじゃないかと信じられないイベリナでしたが、リアンドロとの会話の中でだんだんと彼の回復を認めていきます。

顔からも体からも呪詛が消え去りきれいになったリアンドロの顔は美しく、イベリナは見つめながら幸せを感じるのです。

≫≫≫第21話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』22話ネタバレ・〜リアンドロの回復と変わる生活〜

リアンドロの呪いが回復した!

その吉報はあっという間に屋敷中に行き渡り、使用人たちはもちろん主治医や神官たちまで駆けつけることになります。

イベリナは昨日起きたまばゆい光については二人の秘密にするようあらかじめリアンドロに頼んでいたため、目立たずに済みました。

彼女が呪いを解いたとなれば、皇帝に逮捕されてしまう可能性だってあるのです。

≫≫≫第22話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』23話ネタバレ・〜やっぱり男として見られていなかったリアンドロ〜

リアンドロの呪いが解けてはや数週間。

すっかり元気を取り戻したリアンドロは、公爵家の後継者としてのレッスンに勤しみ、イベリナはメイドの通常業務へと戻っていました。

ある日、洗濯物を干しているイベリナの前に現れるリアンドロ。

彼はほんの少しの間に急に背が伸びたようで、イベリナと同じくらいになっていました。

久しぶりにイベリナと楽しそうに会話しますが、レッスンの最中にサボって抜けてきていたため、すぐに教師に連れ戻されてしまいます。

≫≫≫第23話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』24話ネタバレ・〜ロレンゾとのひととき、咎めるリアンドロ〜

イベリナはロレンゾと久しぶりに再会し、お互いの近況を話し合っていました。

そこへリアンドロが現れ、二人の会話を終わらせようとしてきます。

ロレンゾはリアンドロの態度を見て、彼はイベリナのことが好きなのではないかと勘ぐりますが、そんなことはないだろうと考え直します。

イベリナは、レッスンの合間を抜けて彼女のところにやって来たというリアンドロを諭し、一緒に部屋へ戻るのでした。

部屋への道すがら、リアンドロはイベリナとロレンゾの仲を問い詰めます。

≫≫≫第24話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』25話ネタバレ・〜イベリナとの約束、母とリアンドロの約束〜

ロレンゾとイベリナの会話を遮って現れたリアンドロでしたが、イベリナに諭されレッスンを受けに部屋へ戻ることになります。

その道すがら、館の執事が二人の前に現れ、苦々しい顔でイベリナを見てくるのです。

執事に急かされて部屋へと向かうリアンドロ。

部屋へと戻る途中、リアンドロは母親と遭遇します。

≫≫≫第25話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』26話ネタバレ・〜14歳になったリアンドロの凛々しい姿〜

リアンドロの呪いが解けてから、周りの大人達の態度が一変しました。

これまでベラビティ家の鬼子として扱われてきたリアンドロを、今度は正式な爵位継承者として丁寧に扱うようになったのです。

特に父、ベラビティ公爵の態度の変化は顕著で、リアンドロと定期的に食事の席を設けるようになっていました。

イベリナはそんな掌返しに反感を持ちながらも、父子の関係を悪くしないためにリアンドロには父との食事を大切にするよう言っていました。

≫≫≫第26話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』27話ネタバレ・〜フェデリカが恋したナイトの正体は!?〜

フェデリカの恋した銀髪の騎士はなんと女性でした。

その麗しの騎士、リリアナと偶然出くわしたイベリナはリアンドロの話で盛り上がり、仲良くなります。

しかし遠目でその二人を見かけたリアンドロは、イベリナが別の男性と仲良く過ごしていると誤解してしまい嫉妬に燃えてしまうのです。

イベリナはリリアナと別れた後リアンドロの部屋でベッドメイキングをはじめますが、そこにリアンドロが帰ってきます。

いつもどおりの笑顔を向けるイベリナに対し、リアンドロは複雑な表情を向けるのでした。

≫≫≫第27話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』28話ネタバレ・〜イベリナが抱くリアンドロへの願い〜

イベリナが誰かと話しているのを見るたびに嫉妬してしまうリアンドロ。

この世界ではイベリナほどの年頃の女性は、多くが程なく結婚し屋敷を出ていってしまうのです。

なので、リイベリナと楽しそうに話している男性はリアンドロから見ると、みんな結婚候補者に見えてしまいます。

偶然見かけたリリアナに対しても嫉妬心を燃やしていました。

後でイベリナからリリアナが女性であることを聞かされると一気に安心した表情を見せますが、その様子を見てイベリナの方は不安感をつのらせます。

≫≫≫第28話の詳しいネタバレはこちら

『公爵家のメイドに憑依しました』29話ネタバレ・〜イベリナが抱くリアンドロへの願い〜

フェデリカに付き添ってリリアナに会いに行ったイベリナ。

恋い焦がれた銀髪の君はまさかの女性だったということで、フェデリカは失恋してしまいました。

メイドたちの話を聞いたり、様子を見たりしてイベリナは、この世界では自分は結婚適齢期にあることを感じました。

これからもこの世界で生きていくなら、今結婚を考えるのも悪くないのかもしれません。

しかし呪いが早く解けたからと言って、リアンドロが将来反乱を起こさないとも限りません。

自分にはリアンドロに付き添う使命がある。

発起を避けるために、彼がもっと多くの人へ心を開き、運命の人と出会うまではこの身を捧げなくてはいけない。

イベリナはそう固く決心するのでした。

≫≫≫第29話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ30話|〜公爵の死去・・・現れるディエゴ〜

突然訪れたベラビティ公爵の死。館では公爵の葬式が開かれました。

浮気旅行の最中の事故という不名誉な死に、参列した貴族たちはためらいなく陰口を叩きます。

そんなそしりを受ける公爵ではありましたが、幼い頃から仕えてきた者にとっては父親のような存在です。

メイドの中には涙を流すものもおり、公爵の死は多くの人から惜しまれていました。

イベリナが泣き出してしまったメイドを休ませて、忙しく働いていると、廊下でリアンドロが誰かと話をしているのを見つけます。

珍しく丁寧な物言いをするリアンドロが、一体誰と話しているのかとよく見てみると、その相手はなんとディエゴ王子だったのです。

一体二人は何を話しているのか、気になるイベリナはそっと物影に隠れて聞き耳を立てます。

≫≫≫第30話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ31話|〜ディエゴとの因縁、リアンドロの告白〜

リアンドロはベラビティ家当主としてのはじめての仕事、父の葬式を無事勤め上げた。

父が亡くなったというのにあまり悲しみを感じることのなかったリアンドロ。

自分でも戸惑っていたが、母からも薄情者だとそしりを受けてしまう。

悩めるリアンドロから相談を受けたイベリナは、ベラビティ未亡人への怒りを感じた。

夫婦揃って幼い頃からリアンドロを鬼子扱いして愛してこなかったくせに、今更親子の情を語る未亡人の言葉が我慢ならなかったのである。

イベリナはリアンドロと二人きりの部屋でついつい本音を漏らしてしまった。

そんなイベリナの様子にリアンドロは笑ってしまう。

元から自分のことをかまってくれてはいなかったものの、父の死はやはりリアンドロに大きな喪失感をもたらした。

そしてイベリナが自分のもとを去ってしまうことを恐れた。

適齢期であるイベリナが結婚して屋敷を去ってしまわないよう、リアンドロは改めて釘を刺す。

自分が一人前になるまでは待っていてくれと、真剣な顔で訴えるのであった。

≫≫≫第31話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ32話|〜リアンドロ当主の多忙な日常〜

父の死後、母が愛人と遊び呆けているがゆえに、一人で荘園の管理をすることになったリアンドロ。

16歳でまだまだ少年ながら、領主としての勉強に当主の仕事にと大忙しの日々を送ることになる。

ほんの少しのイベリナとの時間をつくるのも難しくなってしまう。

そんな中、屋敷ではイべリナとリアンドロに関する噂が広まっていく。

平凡なメイドであるイベリナがリアンドロに大変気に入られている様子を恋仲ではないかと疑われてしまったのである。

イベリナはその噂から一部のメイドから嫉妬され、徐々に働きにくい環境に陥っていく。

ある夜、リアンドロはなんとか仕事を片付けてイベリナの元へ訪れる。

寝る間もないほどの勉強と仕事の日々に明らかにやつれた様子。

心配して早く部屋で寝るよう促すイベリナだったが、リアンドロにとっては彼女との時間が最大の癒しである。

短くはあるものの、久しぶりのイベリナとの時間を楽しんだ。

そんな夜更けの二人の様子を見かけていた人物がいた。

メイド長のエレナ夫人である。

彼女は屋敷の噂をバカバカしいものと思っていたが、夜更けに語らう二人を見て考えを改めてしまう。

イベリナへ身の程をわきまえるよう厳しく言っておかなくてはならないと、彼女を呼び出すことにするのであった。

≫≫≫第32話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ33話|〜イベリナを苦しめる噂、イレナ夫人の耳にまで・・・〜

リアンドロとのあらぬ噂がイレナ夫人の耳にまで届き、呼び出しを受けてしまったイベリナ。

厳重な注意を受け、ますます働きにくい状況へと陥ってしまう。

周りからの理解を得られず、身動きを取れない現状を、呪いに苦しみ煙たがられていたリアンドロの幼少期と重ね合わせ、イベリナははじめてリアンドロがどれだけの孤独の中をいきてきたのかを実感する。

苦悩するイベリナにも味方はいた。

ロレンゾである。

悩み事を抱えながら歩いているイベリナを見つけたロレンゾは彼女を呼び止め励ます。

なんといってもリアンドロの苦しい時に唯一献身的に尽くしてきたのはイベリナにほかならない。

彼女がリアンドロに気に入られるのは当然のことだ。

ロレンゾのようにイベリナがどれだけリアンドロの幸せを願っているか知っている人だっている。

ロレンゾは噂のことなど気にするなと力強い言葉を伝えるのであった。

誠実で優しいロレンゾの姿を見ていて、イベリナはつくづく彼はハンサムで素晴らしい人だと思う。

身分も同じだし結婚相手としては最高なんじゃないかと考え始めるのであった。

しかしロレンゾの方ではイベリナの頭の中にはリアンドロのことしかないことを知っていた。

元気を取り戻し自らの仕事へと戻るイベリナの後ろ姿を見ながら、いつになったら自分の方を向いてくれるのかと切ない表情を浮かべるのであった。

≫≫≫第33話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ34話|〜母を追放するリアンドロ、推し量れぬ内心〜

違法薬物の所持を咎め、母を屋敷から追い出すことになったリアンドロ。

血の繋がりのある者が誰一人として屋敷からいなくなったのにも関わらず平気そうな顔をしています。

イベリナにはその心中を推し量ることは出来ず、果たしてこれがいい結果になるのかどうかもわかりませんでした。

母を南の外れへと追いやったその日に、リアンドロはメイドたちが働く洗濯小屋へ訪れます。

そして他のメイドたちが見ている眼の前で堂々とイベリナを自分の部屋へと連れて行ってしまうのです。

途中イレナ夫人にも見つかり、イベリナは後で噂や誹りに悩むことになると暗い表情を浮かべます。

そんなことには気づかずにリアンドロはただただイベリナと過ごせる時間に幸せを感じているのでした。

≫≫≫第34話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ35話|〜リアンドロの振る舞いに悩むイベリナ〜

自分の部屋に連れ出したイベリナへ、以前言っていた旅行に行こうと言い出すリアンドロ。

しかしイベリナはこれ以上リアンドロと親密なところを周りに見られれば屋敷にいられなくなってしまうと思い、歯切れの悪い返答をします。

それでも引かないリアンドロの言葉を断りきれず、結局梅雨が開けてから考えるという結論に落ち着きました。

その2週間後、梅雨は明けましたがリアンドロは正式な爵位継承のための準備で忙しく旅行どころではなくなってしまいます。

イベリナは近々公爵になるリアンドロが、もう自分を旅行に誘うことなどないだろうと安堵しました。

しかしその表情はとても残念そうでした。本当はイベリナもリアンドロへ恋愛感情を持っていたのかもしれません。

そんな中、イベリナはお腹を壊した調理担当の使用人の代わりに、キッチンで働くことになります。

周りの他のメイドもおらず、ここなら噂に心を悩ますこともありません。

なるべくここで働かせてもらうようにすれば、屋敷で働き続けることも苦痛ではないかもしれない。

そんな考え事をしながらじゃがいもの皮を向いていると、誤って手を切ってしまいます。

≫≫≫第35話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ36話|〜リアンドロとイベリナ、久しぶりの安らかな時間〜

イベリナの指の怪我を見て本気で心配するリアンドロ。彼はイベリナをソファに座らせて、その前に跪き軟膏を塗り始めました。

主従がまるっきりが逆転してしまっている状況にイべリナは戸惑いますが、自分のことを心配してくれるリアンドロの真剣な顔を見ていると何故かドキドキが止まらなくなってしまいます。

リアンドロはイベリナの手のひらに、呪いを解いた時の傷跡が残っているのを見つけて、そこにも軟膏を塗って治そうとします。

しかしイベリナはこの傷跡のことは全然恥じていないから治す必要はないと止めました。彼女はリアンドロを呪いから救った証であるその傷跡を誇りに思っていたのです。

久しぶりの楽しいひと時を過ごしていた二人でしたが、折り悪く部屋にイレナ夫人がやって来てしまいました。

部屋にはいったイレナ夫人はそこにイベリナがいることを見て絶句します。

イベリナもすぐに部屋を出ていこうとしますが、リアンドロに止められソファに座るよう命じられたのでした。

≫≫≫第36話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ37話|〜階級社会を知らずに育ったリアンドロ〜

イベリナはリアンドロと二人きりで過ごしているところをイレナ夫人に見られてしまいました。

リアンドロの手前、その場で叱責を受けることはありませんでしたが立場が更に悪くなることは必至です。

リアンドロは最近イベリナが以前のように楽しそうに接してくれないのを気にしていました。

イレナ夫人が帰ってから輪にかけて元気のないイベリナを見て、ついに何があったのかを問いただします。

そしてこの時はじめてイベリナが他のメイドたちやイレナ夫人から自分との関係について非難されたり、叱責されたりしていたことを知るのでした。

幼い頃から寝たきりで、社交界で過ごした経験のないリアンドロにとって、階級社会というのは馴染みの薄いものです。

だからたとえ平民だろうと、自分のために一生懸命尽くしてくれた人を好きになることの何がそんなに悪いことなのか理解できません。

翌朝、リアンドロは帝国の宮殿へと向かっていました。

父が亡くなったため、ベラビティ家の後継者として皇帝から正式に爵位を賜る日だったのです。

一方、結局遅くまでリアンドロと過ごしてしまったイベリナが持ち場へ向かおうとしていると、イレナ夫人に呼び止められます。

昨日の今日ですから叱責を受けることになるのでしょう。暗い気持ちでイレナ夫人についていくのでした。

≫≫≫第37話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ38話|〜イレナ夫人の決断、イベリナ解雇か?〜

リアンドロを前にした皇帝は永遠に解けることはないとされていた呪いが突如跡形もなく消えてしまったことに対し、疑念を抱いていました。

自身の息子ディエゴを呪いから守るために暗躍し、リアンドロを呪いに貶めた経緯もありますから尚のことリアンドロの解呪の秘密を警戒しています。

リアンドロが皇帝と謁見をしている時、ベラビティ家の屋敷ではメイド長のエレナ夫人とイベリナが面談をしていました。

ついにエレナ夫人からイベリナに屋敷から出ていくよう通告がされていたのです。

はたして彼女はどう決断をするのでしょうか。

≫≫≫第38話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ39話|エレオノラとリアンドロの再会、イベリナに告げられる最終宣告

イベリナにとうとうエレナ夫人から解雇通告が下ってしまい、イベリナは屋敷を出ていくことになってしまいました。

リアンドロの呪いが解け、公爵としての地位を築きつつあるリアンドロにとってメイドに入れ込んでいることなど世間から後ろ指さされる事実でしかないのです。

それがリアンドロのためになるならと、イベリナ自身も決心し彼のもとを離れることにしたのです。

一方リアンドロは王宮でエレオノラと偶然の再会を果たします。

今の彼にとってエレオノラは呪いに苦しんでいた過去の象徴のような存在です。

またエレオノラの方でもリアンドロを化け物呼ばわりしてしまった過去から、気まずい思いになってしまいます。

≫≫≫第39話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ40話|エレオノラが思い起こさせるリアンドロの過去のトラウマ

屋敷でイベリナの解雇が決まった時、王宮ではリアンドロがエレオノラと再会を果たしていました。

しかしその再会はイベリナが思い描いていたようなロマンチックなものにはなりません。

リアンドロはエレオノラを目にしたことにより、孤独な幼い日々を思い起こし、彼女に対し拒絶感を抱いてしまうのです。

王宮で過去のトラウマを思い起こしてしまったリアンドロは一刻も早くイベリナと会いたいと屋敷へと帰ってきましたが、そこにはイベリナの姿はありませんでした。

彼女を探すリアンドロのもとにロレンゾがやってきて、昼のうちにイベリナが屋敷を出て行ってしまったことを告げます。

≫≫≫第40話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ41話|イベリナの解雇、悲しみのリアンドロ走る!

王宮から帰ってきたリアンドロはイベリナが屋敷を出て行ったことを知り、取り乱します。

彼女を追い出した張本人であるエレナ夫人に怒りをぶつけながらも、自分自身のことも責めて涙するのです。

イベリナを守ってやれる力を持っていたにもかかわらず、間に合わなかった。

そのことがたまらなく悔しかったのです。

それでも何とか連れ戻して今度こそずっとそばに置いておきたい。

リアンドロの決意は固く、屋敷中の騎士を集めて捜索を始めるのでした。

≫≫≫第41話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ42話|まばゆい街並み、イベリナの初めての外出

エレナ夫人からの解雇通知を受け入れ、屋敷を後にしたイベリナは帝国の南部へと向かっていました。

リアンドロと自分の間で身分違いの恋が起こってしまえば、リアンドロのためにならないと考えての行動でした。

しかしリアンドロの方ではそんなことは考えませんでした。

彼にとってイベリナは唯一無二の心の支えなのです。

リアンドロは屋敷中の騎士を総動員してイベリナの捜索に当たります。

そしてとうとう南部の町で騎士長のリリアナがイベリナを発見するのでした。

≫≫≫第42話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ43話|冷静なイベリナと激情のリアンドロ、そして愛の告白

屋敷を出る決意をして、長距離馬車に乗り込んだイベリナでしたが、追いかけてきた騎士リリアナに発見されてしまいます。

イベリナ発見の知らせを聞きつけたリアンドロは急ぎ、彼女のもとへとやってきて連れ戻そうとしますが、イベリナは応じません。

どれだけイベリナに好意を示しても突き放されてしまうリアンドロ。

本気の愛の告白を口にしますが、その思いはイベリナに届くのでしょうか。

≫≫≫第43話の詳しいネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ44話|ゆるがぬイベリナの決心、リアンドロとの一時のお別れ

イベリナを追って南部の町にまでやってきたリアンドロ。

しかし自分のためにはるばるやってきた彼の姿を見てもイベリナの決心は変わりませんでした。

どんなに思いを伝えても、自分のもとへ戻ってこようとしないイベリナを見て、リアンドロも今はその時ではないと思ったのでしょう。

すぐにイベリナを連れ帰ることはあきらめて屋敷へと戻っていくのでした・・・。

リアンドロとの別れにイベリナが一人涙していると、騎士のリリアナが戻ってきます。

彼女はリアンドロに南部にいる間のイベリナの警護係へ任命されたのです。

≫≫≫第44話の詳しいネタバレはこちら

マンガを無料&お得に読む方法とは?

ゴジさん
「公爵家のメイドに憑依しました」はリアンドロがめちゃくちゃ可愛すぎるし、ストーリーも面白いガオ!文章ネタバレもいいけど、単行本になったら嬉しいガオ♪
漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。
無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!
配信サービス 配信状況 特徴
※当サイトのおすすめ ゴジさん④ 無料トライアル31日間!

加入特典で600円分もらえる

無料期間中の解約はお金がかからない

月額1990円(税抜き)

ゴジさん④ 会員登録無料

初回登録で半額クーポンがもらえる

無料漫画が常時3000作品以上

動画配信サービスで無料ポイントを使い切ってる人にもオススメ!

 

ゴジさん④

会員登録無料!

無料漫画9000作品以上

お得な割引セール頻繁開催!

公爵家のメイドに憑依しました」を無料で読みたい方のために調べてみましたが、2020年8月現在「公爵家のメイドに憑依しました」はピッコマでのみ配信中でした。

もし「公爵家のメイドに憑依しました」の無料配信で読める先が読みたければ待てば0円で待つか、有料配信となります。

 

ゴジさん
だけど、U-NEXTではピッコマ作品が配信されていて、31日間無料お試しでポイントを使って無料で漫画を楽しむことができるガオ!

 

 

知ってる人だけお得!U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があります♪

この無料トライアルに登録すると、なんと加入特典で600円分のポイントがもらえるよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルはこんなにお得なサービス内容
    • 600円分のポイントプレゼント
    • 見放題対象動画の作品が無料視聴できる
    • 雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
    • 31日間無料(日数計算)

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」ではないので、たっぷり漫画を読む期間もあります!

 

ぜひ、漫画も動画も楽しめるU-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!
今すぐチェック!

\31日間無料トライアル600円ポイントで今すぐ読む/ 

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

『公爵家のメイドに憑依しました』のネット上の口コミと感想

 

 

 

 

 

リアンドロの可愛さが炸裂する本作。

序盤のわがままショタお坊ちゃんリアンドロがとにかく可愛いと評判なようです。

要所要所で見せてくるヤンデレ気質も中々クルところがありますよ。

ショタ好きのお姉様方に大変おすすめの本作。

ピッコマにて連載中ですので、ぜひ読んでみてください!

おすすめの記事