外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作yuin先生、漫画mini先生の作品です。

 

皇帝の診察を終えたエリーゼを待っていたリンデン。エリーゼのために何かサプライズを用意してあったようですが、やっと明らかになります。

仕事も大事だけど、自分の体を労わってほしいとずっと伝えてきたのに、ちっとも言うことをきかないエリーゼ。

リンデンは、ついに強行手段に出ます。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」の107話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼの【107話】の考察予想

ゴジさん
外科医エリーゼ【107話】のネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

エリーゼは本当に疲れています。

このまま激務を続ければ、倒れてしまうとリンデンが心配するのもわかります。

 

皇太子であるリンデンも、ものすごく多忙であることでしょう。

それでも、エリーゼのために・・・。一体何を準備していたのか、明らかになります。

エリーゼとリンデンの甘い会話

リンデンは休息をとろうとしないエリーゼを、待ち伏せして強引に昼食に連れ出します

エリーゼもリンデンと一緒にいたいという気持ちは同じですから、そのくらいの時間なら、と同行します。

そのとき、リンデンの馬でエリーゼは相乗りをしますが、二人の会話が甘甘です。

リンデンってこんなこと言う人だった!?と思うほどです。

エリーゼを心配するリンデンのとった行動とは!?

リンデンは今、とにかくエリーゼにゆっくり休んで欲しいと思っています。

休めと言っても休まないし・・・こうなったら無理やりにでも連れ出すしかない!

始めから静養に行こう、などと言ったら、なんやかんや理由をつけて延ばされるとリンデンはわかっています。

だから、エリーゼに黙って準備を進めていたのです。

外科医エリーゼ【107話】ネタバレ込みあらすじ

宮廷から戻ったエリーゼの顔を、まじまじとみつめるリンデン。

エリーゼが困惑していると、浮かない顔をしてどうしたんだとリンデンが聞きました。

 

エリーゼは、何でもありません、と顔をそらしますがリンデンの気遣いに感謝の言葉を口にします。

でも、エリーゼは見るからに疲れているのです。

そんな様子のエリーゼに、リンデンはため息をつきます。

 

昼食は摂ったのかと聞くと、エリーゼはまだだと答えるます。しっかり食べるように言っているだろう?と小言が始まりました。

エリーゼはごまかすようにハハハ、と笑い「ごめんなさい」と素直に謝ります。

 

するとリンデンは「いや 許さん。行くぞ」と馬の手綱をとりました。

どこへ?と聞くエリーゼに、そなたには少し説教が必要だ、と真顔で答えます。

 

エリーゼが驚いていると、冗談だ ご飯を食べに行こう、と笑顔を見せるリンデン。

リンデンとこのまま別れるのも惜しいとエリーゼも思っていたので、少しなら大丈夫だろう、と付いていくことにしました。

 

美味しい物が食べたいと言うエリーゼ。食後にはデザートも食べよう、とリンデン。

苺ケーキと・・・。

甘い会話が続きます。

 

食事をした後、お腹が一杯になったエリーゼは、馬車の中でうとうとしてしまいます。

睡眠不足が続き、疲れきっていたのです。皇宮に着くまで寝ててもいいかな・・・エリーゼは眠りに落ちていきました。

 

エリーゼが目を覚ましたとき、空はすでに夕焼けに染まっていました。

あれ、まだ着いていないのかな?

 

馬車の窓から外を見ると、見慣れない風景が広がっています。

目の前のリンデンは、新聞に目を落としながら、疲れているようだからもう少し寝ていてはどうか、と言います。

道を間違えているのでは・・・エリーゼがあたふたして聞きますが、リンデンは「道?」と、とぼけて聞き返します。

明らかに皇宮に向っていないし、どうやらロンドも抜けていると気づくエリーゼ。

エリーゼの指摘に対して、リンデンは間違っていないと答えます。

皇宮には向っていないと平然として言うリンデンに、ではどこへ向っているのかとエリーゼは尋ねます。

すると、リンデンは「誘拐犯にそんなことを聞いてどうする」と楽しそうに笑います。

 

ワケが分からないと言う風に呆然としているエリーゼ。

誰を誘拐?と言うのがやっとです。

そなたしかいないだろう・・・とエリーゼの前に膝を付きました。

頬を真っ赤に染めるエリーゼに、リンデンは口づけをして「黙ってついて来い」と言うのでした。

 

リンデンとエリーゼが到着したのは静かな別荘地でした。

遠くまで来たので疲れていないか、とリンデンはエリーゼを気遣いますが、エリーゼは仕事のことが気になって仕方ありません。

それを伝えると、リンデンは既にエリーゼの仕事を割り振ってきたから大丈夫だと言います。

今朝病院でベン子爵たちと会っていたのはそのためだったのです。

 

それでも、自分の仕事を投げ出すことに抵抗があるエリーゼは納得しません。

リンデンは、エリーゼ・・・今は仕事のことを考えるな

ここには二人しかいないのだから・・・とささやき、エリーゼを優しく抱きしめるのでした。

外科医エリーゼ107話の感想&次回108話の考察予想

やっとリンデンの企みが明らかになりましたね。

エリーゼのためを考えての行動だと分かってはいましたが、『喜ばせること』よりもエリーゼに『今一番必要』なことでした。

 

ここまで根回しされては、エリーゼも観念するしかありませんね。

馬上でのあまーい会話からも、二人のラブ度が伝わってきますが、次回は別荘で二人だけの時間を過ごすことに!

やはり甘い展開が続くのでしょうか!?

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』107話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ここがポイント

ebookjapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!
特に漫画は約21万冊を揃えており、『外科医エリーゼ』も取り扱っています。
さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!
外科医エリーゼを漫画を楽しみたい全ての方におススメです。

会員登録不要で今すぐ読める/

お得なセールを頻繁開催!

≫≫漫画『外科医エリーゼ』の108話のネタバレはこちら

おすすめの記事